新型マーチはすでにヨーロッパで発売開始しているみたい 若者向けの元気ハツラツなデザインとカラーリング

    2017/01/28

前回2016パリショーで発表された新型マーチの概要はお伝えした
ヨーロッパでは新型マーチは2016年12月より販売が開始されている。
細かいスペックも発表されているようなので調べてみた。
やはりサイズは先代マーチに比較して少々大きくなっているようだ。
ちなみに歴代のマーチは海外ではマイクラという名前で展開されている。

新型マーチ(UKマイクラ)のリア画像

広告

新型マーチのスペック

UKではすでに新型マーチは発売が開始されているようだ。
そのスペックは次のようになっていて現行マーチと全幅以外はそれほど違いはない。

サイズ:全長3,999mm(3,825)×全幅1,743mm(1,665)×全高1,455mm(1,515)
※( )内は日本の現行マーチの大きさ
エンジン:1.0LガソリンNA(73PS)、0.9Lガソリンターボ(90PS)、1.5Lディーゼル(90PS)
ミッション:5MT

新型マーチ(UKマイクラ)のフロント画像

ボディーサイズ的に見れば日本の現行マーチと比較すると長さで+174mm、幅で+78、高さで-60mmとなる。
事前情報通りエンジンは3種用意されるが主流はガソリンターボとディーゼルだろう。
そしてなんとUKでは5MTのみのラインアップで2ペダルが存在しない。
そのうちにクリオと同じ形式の2ペダルが出てくるかもしれない。

新型マーチ(UKマイクラ)のシフトレバー画像

若者向けにカラーリングに工夫がある

新型マーチが狙うユーザー層は若い人になっている。
その層に合わせてボディーのカラーリングのバリエーションも豊富に用意される。
組み合わせによってはかなりスポーティーなカラーリングになり若々しくていい感じになる。

新型マーチ(UKマイクラ)のフロント上方画像

ボディーカラーは10種類用意されており日本では見かけないような色もある。

新型マーチ(UKマイクラ)のカラーバリエーション画像

エクステリアのパックがあってスポーティーなカラーリングが選択できる。
それらの組み合わせによって実に多彩なカラーリングが楽しめるようになっている。
こういうのは日本でもやれば良いのにと思う。

新型マーチ(UKマイクラ)のエクステリアパック画像その1

新型マーチ(UKマイクラ)のエクステリアパック画像その2

広告

内装にもこだわりを見せる

新型マーチの内装のバリエーションも用意されていて3種類から好きなものを選択できる。
なかなか良い感じなので、こうしたところは日本でもやれば良いのにと思う。

新型マーチ(UKマイクラ)のインテリア画像その1

新型マーチ(UKマイクラ)のインテリア画像その2

新型マーチ(UKマイクラ)のインテリア画像その3

ちなみにステアリングホイールは日産らしからぬスマートなものとなっている。
形状は下がフラットなD型となっており、これが現在のトレンドだ。

若者向けにもうひと工夫

面白いのはヘッドレスト脇に設置されたBOSEのサウンドシステムだ(オプション)。
これはヘッドフォンというかイアフォン世代向けの装備だろう。

新型マーチ(UKマイクラ)のBOSEシステム画像

ドライバーだけ良い音で音楽を楽しめるが他の人はどうするのだろうか?

広告

日本国内ではノートとバッティング

日産は今回の新型マーチは日本へは展開しないという見方が多い。
確かにこのサイズの車は以前のティーダくらいの大きさになる。
つまりノートよりは大きなマーチになってしまうということだ。
日本における日産のコンパクトカーの序列がちょっと今までと変わってしまう。

個人的にはジジ臭いノートよりは若々しい新型マーチのほうがよっぽどマシだとは思う。
だが先日も書いたノートe-POWERが現在好調なだけにそれは無いだろう。

という事は日本ではマーチがそのうちになくなってしまうという事だ。
どんどん車が大型化していってコンパクトカーがなくなっていくのが寂しい。

今回はこのへんで
では

 

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。