四角いのが好き新型ジムニーに思う 丸くて角のないクルマばかりの中で逆を行くスズキの反骨精神

 

ここのところ新型ジムニーの話題が目立っている。
それだけ注目度が高いということなのだろう。
なんせコンパクトクロカン4WDというジャンルでは、並ぶべきライバルがいない孤高の存在なのだ。
原点回帰なのか新型ジムニーはデザインが四角くなった。
このデザイン、なぜだか大変気になるのだった。
そんなことを書いてみた。

広告

やっぱりジムニーとシエラはボディーが共通なのか?

今までもそうだったが、ジムニーとシエラはボディーを共通としていた。
今回の新型ジムニーとシエラも外観だけを見ているとそう見える。

個人的に勝手なことを言わせてもらうと、そろそろ専用ボディーを持たせても良かったのではないだろうか。
そうすると安全対策も居住性も、それぞれ良いものが作れたのでは無いだろうか。
スズキにしてみればコストとの兼ね合いでこうなったのだろうと思うがちょっと残念に感じた。

新型ジムニーのタイトル
globalsuzuki.com

機構的には従来を踏襲

現在スズキから発表されている新型ジムニーのスペックを見ると従来型の踏襲となっている。
具体的には「ラダーフレーム」、「エンジン縦置きFRレイアウト」、「副変速機付パートタイム4WD」、「3リンクリジットサスペンション」となっている。
不思議なことにフロントサスペンションの記載がないのは発売前の批判を避けるためだろうか。
巷の予想ではフロントサスペンションはダブルウィッシュボーンではないかという事になっている。
クロカン4WDとしては、フロントも従来型のリジットアクセルが欲しかった(まだそう決まった訳ではないが)。

こちらも個人的に勝手なことを言わせてもらうと、4WD機構的に従来型を踏襲というのはちょっと残念だ。
スズキらしくコストを掛けないで、こんな手があったのか、と驚くようなアイディアが欲しかった。
特にATモデルが4ATというのは今どき時代遅れだと思う。

新型ジムニーのフレーム
globalsuzuki.com

広告

四角いデザインは好きだ

新型ジムニーは、今のところ内容的には目を見張るような機構を持たないが、そのデザインはなかなか画期的だ。

なんせ四角い。

この四角さを活かすには、デザイン的にオーバーフェンダーの付いたシエラがバランスがいい。
ボディからはみ出たタイヤを黒い樹脂のオーバーフェンダーがカバーし安定感が良い。
管理人TomTomはランドローバーのディフェンダーを連想してしまった。

新型ジムニーのフロント
globalsuzuki.com

ひょっとしたらフロントガラスも含めてガラスは全て平面ガラスなのだろうか。
いくらクロカン4WDとはいえ平面ガラスのクルマを見たのは久しぶりだ。

新型ジムニーのリア
globalsuzuki.com

スズキのすごいところは新型ジムニーをきちんと実用車としたことだ。
むやみにきれいで価格上昇を招くデザインや機構を盛り込まなかったことが素晴らしい。
機構的には従来を踏襲して残念だと書いたが、逆を言えば実用車に徹したということだろう。
こういったスズキの潔さは賞賛に値すると思うし、ジムニーの立ち位置をよくわかっていると思う。

空力的には良くないデザインだと思うが、それを補って余りあるモノがあると思う。

新型ジムニー イエロー新型ジムニー ブルー新型ジムニー アイボリー

新型ジムニー グリーン新型ジムニー ブラック新型ジムニー グレー

新型ジムニー シルバー新型ジムニー ホワイト
globalsuzuki.com

災害時に頼りになるのはやっぱりクロカン4WD

一昨日、兵庫県の東の端っこに住む管理人TomTomは大阪北部地震に遭遇した。
幸い家もクルマも体も被害はなく、事なきを得た。
地震発生時、管理人TomTomは通勤電車に乗っていたが電車の運行が停止したため3時間ほど歩いただけで帰宅できた。

こうした災害時に役に立つのは自分の状況判断と体力だ。
そしてクルマで移動するならコンパクトなクロカン4WDが最強だと思う。
道路が瓦礫でいっぱいであっても、今回のように水道管が壊れて出水していてもクロカン4WDなら走破できそうだ。
また幹線道が混雑していたり使えなかった時にコンパクトなクルマだと細い道を走りやすい。

燃費も良いに越したことはない、ガソリンの補給がいつできるかわからないからだ。
そういう意味では新機構の採用がなかった新型ジムニーの燃費が大いに気になるところ。
クロカン4WDだからといって燃費を無視できる時代ではないのだ。

広告

バカ売れすると思う新型ジムニー

新型ジムニーのインパネ
globalsuzuki.com

今どきこれだけデザインが四角いとユーザに与えるインパクトは強烈だ。
他にないデザインと雰囲気を持ったクルマとして大いに人気がでるだろうと思う。

詳しいスペックが発表されるのが楽しみだ。
久しぶりに欲しいと思えるクルマが出てきたと思う。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket