旅先での散策が楽しくなりそうなS660に積める自転車が無いだろうか?

 

管理人はS660を主にツーリングの足として使用していることは常々ここに書いている。
しかしツーリングに出かけてもS660は走ることがあまりに楽しいため走ることが主体となってしまう。
これではいかんと思い、出先での散策用に自転車をなんとか積めないかと思っている。
そこで最近流行りの折りたたみ式の自転車を探してみたのだった。
そんなことを書いてみた。

広告

S660は走ることが楽しすぎる

管理人TomTomはS660をもっぱらソロツーリングの足として使用している。
ツーリングと言っても、日帰りで行って帰ってこれる範囲だから通常は片道200km程度である。
管理人TomTomの日帰りツアーで往復400kmを超えると弾丸ツアー、400km未満だとプチ弾丸ツアーと勝手に呼んでいる。

S660で行く春の但馬と丹後へのプチ弾丸ツアー、伊根町の向井酒造の前で

さらに高速道路が好きではない管理人TomTomはできるだけ下道を峠をつないで走るコースを取る。
ツーリングの際には目的地を設定して、現地でこことあすこを見学してと計画は立てるのだがあまりガチガチにしないようにしている。
現地でアドリブを織り交ぜるのが大好きだ。
今までに1日の日帰り弾丸ツアーで最大800km走ったことがあるが(兵庫県から島根県)、これはさすがにヘロヘロになった。

もっぱらこんな感じででS660と付き合っているが、S660で走るだけではなく訪問先でもっと楽しむことはできないかと考えている。
どうもせっかちな性格だからか、いつもいつも走るばかりになり反省しきりではある。
現地で裏通りの隅々まで見て回ろうとすれば徒歩では疲れるてしまう場合も多い。
そんな時、本格派でなくてもちょっとした自転車があれば行動範囲が大いに広がる。
そこでS660の助手席に積めそうな自転車を探してみたのだった。

自転車には様々なジャンルがある

クルマと同じで自転車の世界も非常にディープだ。
管理人TomTomは以前、自転車競技の世界にドップリだった。
自転車のジャンルとしてはマウンテンバイクが大好きだ。
マウンテンバイクでクロルカントリー競技に出たり、ダウンヒルを戦ってみたり、スラローム競技にもトライした。

ドロドロの状態のMTB
もちろんロードバイクもスピード感が楽しかった。
今では手元にマウンテンバイクしか残していないが近所をゆっくり走ってみたりしている。

TomTomのダウンヒル画像

そんな自転車にドップリとハマった生活をしていたが、以前から気になるジャンルがあった。
それはミニヴェロという小径自転車の分野だ。
小径とはホイールが小さいという文字通りの意味で、おおむね12インチくらいから20インチくらいまでの自転車を指すみたいだ。
このミニヴェロという自転車は小径なホイールを履いているので折りたたみができるものが多い。
フレームの真ん中から折りたたむことができて非常にコンパクトになる。

広告

S660の助手席に積載できそうな自転車

管理人TomTomは以前からこのミニヴェロという分野には興味があったのだが、ゆっくりと自転車で散策をするという機会があまりなかったせいで探求できてなかった。
お話は元に戻ってS660の助手席に積み込めるのはこのミニヴェロではないかと思ったのだ。
それも最近非常に熱いトレンドの14インチの折りたたみのできる自転車が楽しい。
価格も安いし、カスタマイズする楽しみもある。

14インチのミニヴェロを調べてみると、いくつかメーカーが有る。
その中でもリーズナブルな価格(おおむね5万円前後くらい)で購入できそうな製品のラインアップがあるのが次のメーカーだ。

  • DAHON
  • DOPPELGANGER
  • RENAULT

この中で特筆すべきはRENAULTの14インチモデルの軽量さがすごい。
定価6万円台(税別)で重量が約6.8kgとなっている。
自転車好きの方なら、この6.8kgという数値が凄いことが分かるだろうと思う。
自転車は人力で進むがゆえに大昔から軽量化と強度とのバランスが問題だったのだ。
それにしてもこの価格で、折り畳めて6.8kgというのは大いに感心する。
特に折り畳めるので積載時に持ち上げる必要があるので軽いことに越したことはない。

ルノーブランドのPLATINUM_LIGHT6という小径折りたたみモデル

gic-bike.com

S660はホンダだが折りたたみ自転車はルノー!?

このRENAULTの14インチの折りたたみ自転車は、軽さとリーズナブルな価格で現在人気が高いようだ。
なぜこの自転車がRENAULTを冠しているのか理由は不明だが面白いものだ。
発売元ではクルマのブランドが付いた自転車を多数扱っているので、自動車メーカーとの協業が得意なのだろう。

管理人TomTomはルノーのクルマも大好きだ。
特にR.S.のモデルが好きで、クリオ(日本ではルーテシア)を何度も検討したことがある。
皮肉なことに今回見つけたミニヴェロはルノーのブランドとなっている、これをホンダのS660に積載するとなんだか不思議な組み合わせだ。

ここでルノーのミニヴェロのラインアップと簡単なスペックを見てみよう。

  • PLATINUM LIGHT6 (プラチナライト6 AL140)
    折りたたみサイズ:650×560×380mm
    重量:約6.8kg(本体重量:ペダル、スタンドを除く)
    定価:\70,200(税込)
    ※14インチの軽量モデル、変速はなくシングルスピード、軽さを追求するならこれだろう
  • ULTRA LIGHT7 TRIPLE (ウルトラライト7 トリプル AL143)
    折りたたみサイズ:665×360×570mm
    重量:約7.8kg(本体重量:ペダル、スタンドを除く)
    定価:\70,200(税込)
    ※3速の変速付き、実用性が高いのがこれだと思う、折りたたみサイズが少しだけ大きい
  • PLATINUM LIGHT8 (プラチナライト8 AL167)
    折りたたみサイズ:700×560×380mm
    重量:約8.8kg(本体重量:ペダル、スタンドを除く)
    定価:\73,440(税込)
    ※走行性能を重視するなら7速のこのモデル、ただし16インチとなり折りたたみサイズが大きくなる

 

広告

S660+自転車というのも良いかもしれない

一人でツーリングに出かけて、旅先の街中を自転車で散策するのも面白そうだ。
S660は軽自動車でコンパクトなだけに、どこへでも入っていけるが自転車をプラスするともっと面白い発見があるに違いない。

管理人TomTomとしては、S660+折りたたみの小径自転車という組み合わせが大いに気になっている。
さっそく明日にでも自転車屋さんへ行ってみてS660の助手席に積めるかどうかを確認したいと思う。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket