日産のスマートルームミラーはスカイラインで初装備

以前もお伝えしたが日産のスマートルームミラーがついに市販化される。

SmartRM

簡単に解説するとカメラで後方の画像をとらえてルームミラー型のモニターで見るというものだ。カメラの装着場所や複数個の設置で様々な画像が得られることが考えられるので発展性というか今までのものとは異なる展開が得られるのではないだろうか。
例えば後部のウィンドウ位置にカメラを設置すれば通常のバックミラーのようだし、バンパーレベルに設置すれば死角も少なくなると思う。それに左右に振れば斜め後方の確認も容易だ。考え方によっては画期的な後方視界が得られると思う。

個人的にはこうした装備までが電子仕掛けになるのはイマイチ不安だ。スマートミラーの電気系統がやられてしまったときにリカバリーの方法が無い。それに停止している時にはどのような動作をするのだろう。やはりアクセサリーの電源を入れないと見えないのだろうか?刑事の張り込みには使えないかもしれない。

SkylineHV

まぁ頭の中ではイロイロと妄想が膨らむが、これから発売予定のインフィニティーのスカイライン2.0Lモデルに初めて搭載されるということだ。ちなみにこのスカイラインの2.0Lモデルのエンジンはメルセデス製となる。スカイラインの後にはエルグランドやエクストレイルにも採用される予定なので目にする機会も多くなると思われる、一度見てみたい。

今回はこのへんで

では

広告
広告