日産新型「ジューク」の世界初

    2015/05/24

つい先ごろ日産の「ジューク」がマイナーチェンジし、それに合わせて「ジュークNISMO RS」も発表になった。

今回の新型「ジューク」マイナーチェンジの目玉は外観が変わったこと、「パーソナライゼーション」が設定されてカラーコーディネートが可能になった事等があげられる。

広告

技術の日産が復権するのか

機能面では1.6L直噴ターボエンジンに大きく手が入っている。直噴ガソリンターボエンジンで「世界初」となる、ロープレッシャークールドEGRを採用した。また燃焼効率の向上、各部摩擦の低減等を行っている。

こういった改良で新型「ジューク」の燃費はJC08モードFF車で14.2km/l、4WD車で13.4km/lとなり6~9%の燃費向上が図られている。

昔は技術の日産というキャッチフレーズがあったのだが、最近はこれを取り戻そうとしているのだろう。ステアバイワイヤなどもそうだ。この辺りはもっともっとがんばって欲しいものだ。

今回はこのへんで

では

20140716-203106-73866721.jpg

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket