ジムニーの対抗馬が出現か?三菱日産連合の新型軽

    2015/05/24

軽自動車を三菱が製造して日産が販売する仕組みはルークスで確立している。

この組み合わせで軽の4WD車が計画されていて2015年には発売になるといわれている。具体的にはパジェロミニの後継となるようなモデルだ。現在この分野はスズキのジムニーがガリバーとして君臨し絶大な存在感を放っている。

広告

孤高の存在ジムニー

ただしジムニー自体が誰にでも受け入れられるというわけではないだろうし、どちらかというと営業用か趣味車となっているのが現実だろう。スズキのハスラーのように万人受けする車ではないのだ。

そういうマーケットに新型の軽自動車を投入するのはなんだか理解し辛いところがある。どちらかというとハスラーのマーケットに投入するのが妥当だろう。

現在のところあまり情報が無いのでもう少し詳しい情報を待つとしよう。それにジムニー自体も現行モデルが長く続いているので、そろそろフルモデルチェンジが待たれるところだ。しばるく注目のジャンルであることは確かだ。

今回はこのへんで

では

20140623-073830-27510279.jpg

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。