メルセデスから「AMG GT」ならぬ「AMG GT S」、中身はマウンテンバイクでした

    2015/07/16

車と自転車のコンビネーションは良く使われる。今回もその組み合わせなのだが少し意外と言うか異色だ。

広告

ロードカーとマウンテンバイク

「AMG GT S」の中身は自転車である。
ROTWILDというメーカーが作るマウンテンバイクなのだ。しかし「AMG GT」はロードカーでダートを走るイメージは無い、一方「AMG GT S」はコテコテのレーシングマウンテンバイクなのだ。
この意外な組み合わせが面白い。 ただ思うのは自転車乗りはスピードジャンキー(様々なジャンルがあるが)が結構多いという事だ。
AMG GTとROTWILD GT S inspired by AMG
↑ AMG GTとROTWILD GT S inspired by AMG、なんと贅沢な組み合わせなんだろう、こんな幸せなガレージライフを過ごしたいと思う、画像はネット上から拝借

理想のカーライフと自転車

スポーツとしてのモータースポーツは非常に激しいスポーツなのだ。 マウンテンバイクに限らず車と自転車の組み合わせは健康的なイメージで良いと思う。
というのは車は一般的に車は運動不足の象徴だ。その運動不足を解消するのに自転車の組み合わせはピッタリなのだ。
最近はスバルレヴォーグのCMでもロードバイクを積んで出かけてロケーションの良い場所で爽快に走るというのがる。こんな感じが車にとっても自転車にとっても健康的で良いイメージだ。
ROTWILD GT S inspired by AMGのヘッド部分
↑ ROTWILD GT S inspired by AMGのヘッド部分、いかにも工作精度の高そうなフレーム、ええモノ感が伝わってくる、画像はネット上から拝借

ROTWILD GT S inspired by AMGのヘッド部分
↑ ROTWILD GT S inspired by AMGのシリアルプレート、このマウンテンバイクは100台の限定となっている、シリアルプレートがトップチューブに貼られてレア感を醸し出している、画像はネット上から拝借

広告

「AMG GT S」のスペック

ちょっとだけ「AMG GT S」のスペックを書いておく。
ROTWILD GT S inspired by AMG
名称:ROTWILD GT S inspired by AMG
HEADSET:ROTWILD RHS 1.5 TAPERED TI
FORK:FORMULA THIRTY THREE 100 REMOTE LOCKOUT
BAR:PRO THARSIS XC FLAT TOP DI2 CARBON 720MM
STEM:PRO THARSIS XC DI2
SEAT POST:PRO THARSIS XC CARBON 27.2MM
SEAT:ERGON SRX AMG CARBON
GRIPS:ERGON GE1 AMG
CRANK:SHIMANO XTR 36-26T. ACS-RING
SHIFTER:SHIMANO DI2 XTR SHIFT SWITCH
FRONT DERAILLEUR:SHIMANO DI2 XTR-2
REAR DERAILLEUR:SHIMANO DI2 XTR-11 GS DM PLUS
CASSETTE:SHIMANO XTR 11-40T.
BRAKE:FORMULA R1 FCS
ROTOR:FORMULA 180/160MM AL-SPYDER
WHEELSET:CRANKBROTHERS COBALT 11 CARBON 15/12,ILS-INTEGRATED LOCK SYSTEM
TIRE:CONTINENTAL RACE KING RACESPORT 29×2.20
AMG RIDING PACKAGE:ERGON BX2 BAG,TOPEAK RATCHET ROCKET LITE,TOPEAK BIKE POCKET MT,TOPEAK RESCUE BOX,TOPEAL TIRE LEVER,CARBON BOTTLE CAGE,TEAM RIDING EXPIERIENCE
SUSPENSION SETUP:TOPEAK POCKET SHOCK DXG,ROTWILD HARDSHELL BAG
PEDALS:CRANKBROTHERS CANDY3
ACCESSORY:TOPEAK LINEUP STAND 29
BIKEBOX:THULE ROUND TRIP PRO
COLOUR:CARBON MATT / SOLARBEAM GLOSSY
価格:約130万円 さすがに良い部品を使っているのだ。

マウンテンバイクは大好き、車好きにもお勧めだ

個人的にもマウンテンバイクは大好きだ。現在は競技生活をしていないが一時期は毎週のようにどこかの大会に出ていたものだ。こうした自転車と車は物理的に切っても切れない関係にあるし、健康面で言えばより健康的な生活が出来そうな組み合わせなのだ。
特に中高年には自転車は膝や腰に負担の少ないスポーツなのでお勧めだ。マウンテンバイクについては未舗装路をブッ飛ばすのは爽快だし、まして自然の中で楽しめるのが良い。
車好きなオッサンに自転車はお勧めだ。
TomTomのダウンヒル画像
↑ 古い画像で恐縮だがTomTomがマウンテンバイクのダウンヒル中の図、1999年だから16年も前だ、マウンテンバイクには様々な競技があってこれはダウンヒルといって坂を下りるだけの競技、そのため前後にサスペンションの付いたバイク(自転車)となっている、人間の体はしっかりプロテクターとフルフェイスヘルメットで保護する、思う通りのライディングができると爽快この上ない

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。