なかなかカッコええやん、新型NDロードスター

本日2014年9月4日、ついにマツダの新型NDロードスターが外観だけ発表された。

広告

新型NDロードスターの外観

新型NDロードスターのフロント画像
発表されたのは外観だけのようでスペックは謎のままだ。
外観は現代の車にしてはボンネット位置も低くスポーツカーらしい外観をしている。一見してS2000のようでもある。
前後のフェンダーがかなり張り出して見えるので乗員のためのスペースはかなり狭いのではないだろうか。
新型NDロードスターのリア画像
後ろから見るとBMWの先代Z4あたりと似てなくもない。ハイデッキの典型的なスポーツカーのシルエット。良くまとまっているのではないだろうか。
全体的には前はミニS2000、後ろは先代Z4のような感触だ。ウィンドスクリーンが寝ているのとフェンダーの張り出しからみて室内はかなり狭そうである。
ルーフはハードなのかソフトなのかは分からないが、多分ハードだと思う。
全長3,915mm×全幅1,730mm×全高1,235mmと参考値ながら発表されている。タイヤサイズは195/50R16なので噂通り1.5Lガソリンエンジンであろう。

広告

サスペンションにはお金が掛かっている

注目すべきはサスペンションで前ダブルウィッシュボーン、後マルチリンクとコストを掛けている印象だ。
リアはリジットでコストダウンを図っても面白いかもしれない。この印象だと価格はかなり高くなりそうな雰囲気だ、220〜230万円あたりになるのではないだろうか。
今から言うのもなんだが、もう少しやすくなって欲しい。
装備を極力絞った廉価バージョンも欲しいところだ。

今回はこのへんで
では

広告
広告