ルノー普通の新型「ルーテシア」は期待できそう

    2015/06/14

新型ルノー「ルーテシア」は日本国内での発売はまだだが(9月の予定)日本仕様の試乗記が出始めている。

広告

新型ルーテシアは発売直前

今までどうしてもRS(ルノースポール)ばかり気になっていたが、通常のモデルも調べてみると大変良くできた内容に思えた。
欧州でのドイツ勢以外の車メーカーは皆苦戦しているようだが、ルノーの起死回生のモデルがこの日本名「ルーテシア」だ(本国ではClio)。
元々日本ではマイナーなメーカーだが欧州では存在感のあるメーカーで、あのゴーンさんが社長を務めている。日本ではカングーとRS(ルノースポール)のみが売れているだけで、肝心な販売の中心であるコンパクトカーが全く売れていないし情報もない。それだけ影の薄いラインアップだったわけだ。
日産と兄弟のようなものだからもっと相互に販売面でコラボレーションをすればよいと思うのだが、ブランドの関係だろうができていない。一般の人にはゴーンさんは有名だが、どんな車があるのかも知らないということになっているのではないだろうか。

新型ルーテシアは日本のマーケットにもマッチ

そういった意味ではやっとまともに日本のマーケットにおいて勝負できる車が出てきたということなのだ。
もっともヨーロッパではコンパクトカーはほとんどMTなので日本のようにAT比率の高くて高度なマーケット(ATに関してのみ)にはミッションの設定が一番のネックになると思う。今更ながら4ATでは評価もされないし、軽自動車と同じになってしまうし、燃費も伸びないと思う。
そこで今回のルーテシアのベーシックモデルはたぶんこのクラス(Bセグメント)においてダブルクラッチを持ち込んだのが最大のトピックだと思う。これはVWのポロに次いでのことで価格面からすれば割高になるダブルクラッチを採用するのは英断だと思う。

広告

新型ルーテシアのスペック

前置きが長くなったがスペックを見てみよう。

サイズ:全長4,095mm×全幅1,750mm×全高1,445mm
ホイールベース:2,600mm
駆動方式:FF
車両重量:1,190kg~1,210kg
エンジン:直列4気筒 ターボチャージャー付 直噴 DOHC 16V ガソリンエンジン
最高出力:120ps(88kW)/4,900rm
最大トルク:19.4kg-m(190N・m)/2,000rpm
ミッション:6速EDC(エフィシェント デュアルクラッチ)
ブレーキ:フロント-ベンチレーテッドディスク、リア-ドラム
タイヤ:195/55R16、6.5J×16

プジョー208と比較すると130mm長く、幅は10mm広く、25mm低い、ということは長さ以外はほぼ同じということになる。長い分だけ重さは少々重たい。

新型ルーテシアの画像

ルノー新型「ルーテシア」日本仕様フロント画像
↑ ルノー新型「ルーテシア」日本仕様フロント画像、惜しいことに官能的なサイドの絞りを黒い樹脂パーツで台無しにしている、ルノーマークが日産と同様大きい、このモデルは5ドアハッチバックだがリアドアはうまく溶け込んでいてこの角度だと3ドアハッチバックのように見える、ホイールの同色化が煩い、画像はネット上から拝借

ルノー新型「ルーテシア」日本仕様リア画像
↑ ルノー新型「ルーテシア」日本仕様リア画像、ベーシックモデルだけにディフューザーの装備は無いようだ、日本車だとベーシックモデルの外観はどうしようもないことが多いがルーテシアは大変まとまりが良い、リアのハッチ付近のボリューム感が良い感じだ、画像はネット上から拝借

ルノー新型「ルーテシア」日本仕様インパネ画像
↑ ルノー新型「ルーテシア」日本仕様インパネ画像、この個体はインテンスという一番高いグレード、ヨーロッパのコンパクトカーは室内もカラーコーディネートしたがる傾向がある、ドライバー前のメーターは少し特殊なデザイン、ステアリングにパドルは付かない、この車の最大の売りは1.2Lの新開発ターボエンジンとダブルクラッチのミッションだと思う、ベーシックなモデルでこの組み合わせができて内容もそれなりにスポーティーならかなり売れるのではないかと思う、画像はネット上から拝借

ルノー新型「ルーテシア」日本仕様フロントシート画像
↑ ルノー新型「ルーテシア」日本仕様フロントシート画像、シートは見る限り平板な印象だが座りやすそう、それにしてもこのアクセントカラーは発色が悪くてくすんで見えるのでイマイチ、画像はネット上から拝借

ルノー新型「ルーテシア」日本仕様リアシート画像
↑ ルノー新型「ルーテシア」日本仕様リアシート画像、リアシートはそれなりな印象、足元は広くは無いが何とかなるレベルか、リアウィンドウの見切りが高くて少し閉所感があるかもしれない、画像はネット上から拝借

ルノー新型「ルーテシア」日本仕様トランク画像
↑ ルノー新型「ルーテシア」日本仕様トランク画像、画像で見る限り広そうな荷台、開口部は横には広いが仕切りが高いタイプ、開口部がおむすび型になっていて天井に近いほど絞り込まれているのが分る、リアシートは6:4分割で個々に前に倒せるタイプ、画像はネット上から拝借

ルノー新型「ルーテシア」日本仕様エンジン画像
↑ ルノー新型「ルーテシア」日本仕様エンジン画像、これが新開発の4気筒1.2Lターボエンジン、ベースとなるエンジンは日産のモノだから整備性やメンテナンスについては問題ないだろう、以前はタイミングベルトの交換を気にしながら乗らなければならなかった、画像を見る限りブレーキのマスターバックは運転席側にあるこのあたりがプジョー208と違うところで力の入れようが分る、ちなみにプジョー208のベーシックグ
レードは4ATなのでルーテシアは高得点だ、贅沢を言えばもう少し車重が軽ければ言うことなしだ、画像はネット上から拝借

ルノー新型「ルーテシア」日本仕様んのカラーバリエーションは全7色
↑ ルノー新型「ルーテシア」日本仕様んのカラーバリエーションは全7色、この他に白・茶・ガンメタ・黒がある、彩度の高い色を選んでポップに乗るのも良いし、渋い色を選んでも良く似合いそうだ、デザイン性という面ではプジョー208に引けを取っていない、それどころかベーシックグレードでは圧倒的に有利な内容だし価格も1,998,000円~2,380,000円と戦略的な価格となっている、画像はネット上から拝借

実は今回の新型「ルーテシア」の内容を見て我が家にコンパクトカーを買うならコレではないかと考えてしまった程気に入ってしまった。
個人的には確認したいことがいくつかあるので実車が配備になったら調べてみたい。

それは

  • タイミングベルトかどうか?、予想ではタイミングチェーン
  • ミッションのマニュアルシフトが可能か?、パドルは無いようだ
  • 実燃費はどれくらい?
  • アイドリングストップは無いのか?

というところだ。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。