ダイハツ新型キャストスポーツってどこ行ったんだ?

 

ダイハツ新型キャストがやっと発表された。
事前にティザーが公開されてチラ見せをしてたが、大変まどろっこしい戦略だ。新型NDロードスターの時もそうだったがティザー広告の時間が長ければ長いほど待たされ感がありユーザーの興味が薄れてしまう。

広告

新型キャストって3種類が出るって事だったけど・・・

やっと発表されたのでWebサイトで見てみた。すると2種類しか掲載されていない、もう1種類はどうしたのだろう?と思った。
そこで改めてプレス発表を見てみると新型キャストスポーツのみは2015年10月に発売予定と書いてある。それじゃWebサイトに目立つように書いてほしいと思った。
ダイハツ新型キャストスポーツ
↑ ダイハツ新型キャストのスポーツ、このモデルだけ2015年10月発表となっている、大きく表示しておいてほしい、実質ライバルとなるアルトターボRSにどこまで迫れるかというところに興味津々だ、画像はメーカーサイトより拝借

広告

新型キャストは比較的安易なモデル作り

という訳で新型キャストのラインアップは現在2種ある。アクティバというクロスオーバー風味のモデルとスタイルと言う通常のモデルだ。
この2つのモデルはボディーは全く同じでタイヤホイールのサイズとサスペンションで車高が異なるだけだ。グレード構成も全く同じとなる。
ここまで同じボディーで作り込まれるとせっかくのクロスオーバー風味がなんとなく色あせて見えてしまうのが残念だ。
 Daihatsu_CastStyle
↑ ダイハツ新型キャストのスタイルと言う標準モデル、これと言って特徴のないモデルだ、姿かたちもホンダN-ONEに似てしまっている、限られたサイズで個性を出すのは難しいだろうがもっと頑張ってほしいところだ、画像はメーカーサイトより拝借

広告

クロスオーバー車の新型キャストアクティバはどうしてもハスラーと比較してしまう

新型キャストアクティバについては前述したとおりお手軽なクロスオーバー化がなされている。ハスラーには用意されているMTが無い。

管理人TomTomはハスラーにMTが用意されている事は重要な意味があると思っている。
それは実用4WDとしての役割だ。林業や降雪地帯での商業利用等々を想定しているのだろうと思う。ジムニーは不要だが4WDでなきゃ困るというような用途だ。実際に販売される数はしれていると思うが、あえてそれを用意しているメーカーの姿勢が素晴らしい。
これに対して新型キャストアクティバはそのあたりが断然物足りないと思う。
ダイハツ新型キャストのアクティバ
↑ ダイハツ新型キャストのアクティバというモデル、お手軽クロスオーバー風味というところ、車高を上げて大径タイヤホイールを履く、こうしてみると上手く雰囲気は出している、全く同じボディーでの展開が個人的に気に入らないのだった、画像はメーカーサイトより拝借

広告

これといった特徴が無い新型キャスト

新型キャストのスペックを見ているとビックリするような発見が無いのも事実だ。スズキアルトの車重を見た時のようにビックリするような項目は無い。
技術面でユーザーに訴えかけるモノが無いとなるとルックス重視の車なのだろうかと思う。

確かに現在のダイハツの軽自動車のラインアップの中ではかつてのミラジーノのようなクラシカルな外装を持った車が無い。それを埋めるモデルなのだろうか。しかし新型キャストスタイルを見てもクラシカル路線一直線という訳でもない。何か中途半端な印象がぬぐえないと思うのだ。

広告

新型キャストスポーツに期待

ここは遅れてやってくる新型キャストスポーツに期待してみよう。
後から出るだけに当然アルトターボRSをライバルとしてみているはずだからどういった内容で出てくるかが大変楽しみだ。
はじめからLSDが内蔵されているとか少しばかり過激な内容で軽スポーツに一石を投じてほしいモノだ。
1ファンとしてかつてのダイハツの元気さを取り戻してほしいと思う。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。