新型JB74シエラにも試乗してみた ジムニーよりもシエラのほうがカッコ良い

 

管理人も売れに売れまくっている新型ジムニー/シエラには興味津々なのだ。
前回は新型JB64ジムニーの4ATモデルに試乗したのだが、今回はJB74シエラの4ATにも試乗してみた。
新型ジムニー/シエラはご存知の通り結構ハードな、ある意味プロ仕様のクルマだと思っている。
小さな4WDでないとどうしようもない場所ではジムニーの独壇場だろう。
そんなことを思いながら新型JB74シエラに試乗してみたのだった。

広告

シエラのほうがジムニーよりもカッコ良いと思う

グローバルスズキのジムニー画像その1
globalsuzuki.com

新型JB64ジムニーと新型JB74シエラは、なかなか悩ましい存在だと思う。
前回も書いたがジムニーとシエラは全くボディーが共通で、特に車内は全く同じサイズと作りとなっていて差別化が難しい。
普通車のシエラだからといって居住性が良いわけではないのだ。

じゃどこが大きな違いなのか?ということになるが、管理人TomTomが思うに外観が最大の違いだろう。
シエラの場合、四角いボディに黒い樹脂製のオーバーフェンダーのコントラストが素晴らしい。
4WDらしい踏ん張り感のある外観を演出していると思う。

ジムニーとシエラのサイズ上の違い

ジムニーとシエラのディメンジョンの相違点は次のようなところがある。

  • ジムニー
    全幅 1,475mm
    トレッド
    前 1,265mm
    後 1,275mm
  • シエラのトレッド
    全幅 1,645mm(+170mm)
    トレッド
    前 1,395mm(+130mm)
    後 1,405mm(+130mm)

ジムニーとシエラはボディは同じだが、タイヤの付く位置が異なることになる。
トレッドの違いは前後ともリジット形式のサスペンションなのでホーシングを延長して実現している。
このトレッドの違いがオーバーフェンダーと相まって4WDらしい踏ん張り感を醸し出しているということなのだろう。

グローバルスズキのジムニー画像その2
globalsuzuki.com

広告

四角いクルマ好きな嫁さんが試乗してみた

今回の試乗車は新型JB74シエラの4ATモデルだったので同行した嫁さんが運転して、管理人TomTomは助手席、営業ウーマンが後席という感じで試乗となった。
新型JB74シエラに乗り込んでみると車内の風景は新型JB64ジムニーと全く同じである。
だが不思議なことに軽自動車である新型JB64ジムニーと全く同じ車内幅だろうが狭いという感覚はない。
このあたりはさすがスズキで、うまい作り込みがしてあると思った。

運転席に嫁さんが座り、一通りミラーを調整してみるとすごく視界が良いということだ。
四角いことと、ウィンドウがうまくカットされていて視界を確保している。
4WDらしく着座位置が高いこともあり見切りも良い。
普段BRZを足にしている嫁さんでも全く不安は感じないようだった。

乗り心地はさすがにボワーンとした4WDらしいものだが、それほど不快でもない。
ロールとピッチはそれなりにあるが、走り方をそれらしくすれば許容範囲だろうと思う。
あまり足を固めてしまうとせっかくの足の長さをスポイルすることになるので難しいところ。

新型JB64ジムニーと同様、新型JB74シエラも車内は非常に静かで街中を走っているのであれば十分会話ができる。
車内が静かなだけにミッションからのメカノイズのヒューンという音が目立っていた。

新型JB74シエラのエンジンはNAだが低速からトルクがある程度出ていてアクセルをベタ踏みしなくても十分走れる。
ブレーキも特に違和感なく乗れたようで問題ない。
いつもBRZを運転しているのでステアリングは鈍いと言っていたがこれはしょうがない(ボール・ナット式)。

新型JB74シエラは嫁さんがそこらへんを乗り回すのに何の問題もないのだった。

あとは好みの問題か?

今回の新型JB64ジムニーと新型JB74シエラについては本当に悩ましい。
というのは最初からオーバーフェンダーを付けることを想定したボディだと思うのだ。

というのは日本では軽自動車枠という足かせというかメリットがあるためにシエラとジムニーの2種類が用意される。
これはこれで喜ばしいことだと思う。
だが日本以外ではもちろん軽自動車枠というものは無い。
だからシエラのボディーが主となるはずで、オーバーフェンダーが付くことになる。
つまりジムニー/シエラのボディはオーバーフェンダーありきでデザインされているのだと思う。

グローバルスズキのジムニー画像その3
globalsuzuki.com

管理人TomTomの個人的な感想としては、やはりオーバーフェンダー付きのシエラがカッコよい。
どうしても軽自動車でないといけないという場合なら仕方ないが、シエラのボディーがカッコ良さではピカイチだと思う。
もうこうなると好みの問題となるので買う人が決めれば良いことだろうと思う。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket