ディーラに聞いた今どきのスズキの事情 新型ジムニーの好調とリコール対応

    2019/05/28

先日スズキディーラーにお邪魔した。
目的は新型ジムニーシエラを再度見て乗ってみることだった。
新型ジムニーで大人気のスズキだが、一方では完成検査の問題で前代未聞のリコール台数となっている。
試乗を終えて営業マンと話し込んでいるとイロイロと得るものがあった。
そんなことを書いてみた。

広告

新型ジムニーと新型ジムニーシエラは大人気が続いている

比較的時間があったので管理人は新型ジムニー(5MT)と新型ジムニーシエラ(4AT)と両方に試乗させていただいた。
いったい新型ジムニーには何回試乗したのだろうか?と思うほど折に触れて試乗しているのだった。
今回確かめたかったことは新型ジムニーシエラのエンジンの様子、それに加えてMTの操作感を確かめたかった。

新型ジムニーシエラ(ATモデル)のエンジンは1.5LのNAで特別馬力があるわけでもない、どちらかと言うと過酷な使用に耐えられるように頑丈に作ってあるという印象のエンジンだ。
低回転からトルクを発生していて回転を上げて使用するエンジンではない印象だった。
試乗の途中にちょうどよい坂道があったので上りで踏んでみたが速いという印象はない、ごく普通だ。
試乗したのはATモデルだったが、これをMTで乗るとどんな感じなのだろうと想像が膨らんだ。

UKの新型ジムニー、青、森の中、前
suzuki.co.uk

かたや新型ジムニーは5MTモデルでアクセルを踏んでいくとターボが効き出し意外と走るという印象だった。
低回転域はあまり力がなく、ある程度回して(3,000rpm以上)ターボを効かす必要がある。
車重が1tを超えているためノーマル状態では動力性能に見るべきところはない。

新型ジムニーシエラについてはNAエンジンをゆるゆると回してゆったり走るのが良いのでは?と感じた。
新型ジムニーはターボに少し手を入れればもう少し速くなるだろう、そうすると我慢を強いられなくても良いと思う。
エンジンを弄るのであればターボエンジンを積んだ新型ジムニーが良いと思う。

最後に5MTの感触だが、久々にトラックのようなシフトフィールを味わった。
シフト操作が素早くスパスパ決まるようなタイプではなく、ゆったりとゲートに沿ってギアを入れてあげるって感じのミッションの感触だった。
簡単に言えば、フニャフニャで長いシフトレバー、素早いシフトは受け付けない、といったところだろうか、これはこれで味がある。
そういえば管理人が昔乗っていた、いすゞのビックホーンなんかはこんな感じだったと思い出した。

UKの新型ジムニー、青、森の中、後
suzuki.co.uk

納車はやっぱり1年先…

試乗の後に営業マンとイロイロとお話をした。
その営業マンは13台ほど新型ジムニーを売っているが納車したのは5台だけということだった。
現在の納期も1年かかると思ってくださいと言われたが、増産体制は整えているので徐々に短くはなってくるだろうとのお話だった。

それにしても新型ジムニーは凄まじい人気だと思う。
管理人の若い頃にもクロカンブームがあった、猫も杓子も街中でもクロカン四駆を転がしていたものだ。
もちろん管理人もその中のひとりだった。

営業マンにどのモデルが人気があるのか?と聞いてみると一番上のグレードだということだ。
その理由は管理人も同じだがLEDヘッドライトがオプションも無いし後付できないので気になる人が多いみたいだ。
機能的にはハロゲンヘッドランプで全く問題無く、容量の大きなハーネスや高効率ハロゲンバルブを入れることで明るさは改善はできる。
しかし問題は見てくれなのだろう、ヘッドランプはクルマの目力を左右する重要なパーツなのだ。
だから皆こだわるのだろう。

色についても聞いてみた。
すると、キネティックイエロー、シフォンアイボリーメタリック、ジャングルグリーンというところが人気らしい。
ちなみに管理人が気になる色は、ピュアホワイトパール、シルキーシルバーメタリック、ミディアムグレーといったところだろうか。
管理人の好みは見事に人気の色からは外れている…。

UKの新型ジムニー、青、川の中、前
suzuki.co.uk

広告

納期がかかるゆえに大変なこと

営業マンとしては納車に時間がかかることで、やらなければならないことがあるらしい。
それは購入客の繋ぎ止めというか心変わりを阻止することだ。

なんせ1年も納期がかかる、その間に顧客の心変わりが無いとは言えないだろう。
一度発注したクルマのキャンセルは難しいが、買う気が失せた顧客の対応をしないといけないのは営業マンにとってもしんどい事だと思う。

購入する側も大変だ。
なんせ1年も先の事を考えて、今乗っているクルマの下取りや売却を考えないといけない。
もちろん発注はしているが購入へのモチベーションを維持しなくてはならない。

でも待っている間に装着するパーツを吟味したりすることはできる。
新しいパーツもどんどん発売になるだろう。
1年は長いが何をどう弄ろうかということを考えるのは楽しい。

UKの新型ジムニー、青、斜面、前
suzuki.co.uk

スズキのリコール対応

前代未聞のリコール台数を出しているスズキだが、現場のディーラーではてんやわんやだそうである。
そりゃそうだろう、定期点検と同じことをかなりの台数分こなさないといけない。
対象としては初回の車検がやってくる前のクルマに対して行うわけだ。
管理人が訪ねたスズキディーラーでは今回のリコールで約1,000台が対象ということだ。

ただこれも順序がある、初回の車検が迫っているクルマから行わないと期限が来てしまう。
こうしたことから順序立てて、時間差攻撃でもって顧客に入庫してもらうようにしているということだ。

サービス部隊としては普段の仕事に加えてこうしたリコール対応が入るわけだから稼働はおのずと上がってしまう。
ただディーラーとしては自動車メーカーから対策費という臨時収入があるにしても頭の痛いことだろう。

世間では鈴木会長の独裁経営の歪みなどと騒がれているが、これはCM自粛を行わなかったからということのようだ。
完成検査の問題はなにもスズキに限ったことではない。
日本の自動車メーカーのほとんどが検査部門を軽視したツケが来ているだけだ。
この問題はこうして発覚したおかげで対策される。
だが問題はスズキの今後だろうと思う。
これだけのリコール数を出して、その対策費が莫大な額になることだと思う。
ひょっとしたらスズキも再び再編の波にさらされるのかも知れない。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket