へぇ~スズキ新型イグニスは2016年1月発売の予定なんですって どうりで完成度が高かったわけだ

    2015/12/18

スズキの話題が続くが新型イグニスは2016年1月の発売予定ということらしい。
新型イグニスは日本では東京モーターショー2015でお目見えした。
さらに管理人は大阪モーターショー2015で実車を見学してきたのだった
その時の感想は今すぐにでも発売できそうだと思ったのだった。

大阪モーターショー2015のスズキイグニス リア画像
↑ 大阪モーターショー2015での新型イグニスのリア画像、後ろ姿はちょっと野暮ったいがこのサイズのクロスオーバーは貴重な存在だ、人々の関心も結構高く途切れることが無かった

広告

ちょっと中途半端なサイズだが貴重なクロスオーバー

管理人TomTomは新型イグニスのサイズが気になっている。
新型イグニスのサイズは全長3,700mm×全幅1,660×全高1,595mmというものだ。

車幅が5ナンバー枠よりも小さくて内部が窮屈になる事や全高が1,550mmに収まらない事。
それに日本では立駐に入る1,550mmに収まらないのは少し不利になるだろう。

大阪モーターショー2015のスズキイグニス インパネ画像
↑ 大阪モーターショー2015での新型イグニスの室内画像、なかなかこじゃれたインパネに仕上がっている、大阪モーターショー2015で見た時にはすぐにでも発売できそうだと思ったが実際そうだったのだ、改めて見てみるとステアリングにはパドルが付いているのが分かる、パワートレインは1.2Lガソリンのマルチジェットにマイルドハイブリッドの予定

5ナンバーのクロスオーバー不在の日本国内

現行車種の5ナンバーのクロスオーバー車はモデル末期のビーゴ/ラッシュしかない。
あえて言えばスズキのシエラもあるが後席も使って4人乗るにはちょっと厳しいサイズなので除外。

となると日本では実質ライバル不在の5ナンバークロスオーバーマーケットなのだ。
管理人TomTomはクロスオーバーは4WDのラインアップがないといけないと勝手に考えている。

そういう意味では新型イグニスは非常に貴重なコンパクトクロスオーバーとなる。

ダイハツ「FT Concept」のフロント画像
↑ インドネシアオートショーで公開されたダイハツ「FT Concept」のフロント画像、ダイハツもビーゴの後継車を予定しているだけにスズキは新型イグニスの国内投入を早くしたのだろう

広告

気になるのは4WD機構だ

そういった特徴を最大限に生かすためにも新型イグニスの4WD機構は非常に大切だ。
SX4 S-CROSSや新型エスクードに積まれているような本格的な4WD機構が欲しいところだ。

新型イグニス版の「ALL GRIP」のような4WD機構を積むことが期待されるという事だ。
そうすれば積雪地帯での生活4WD車としてもかなりつかわれるに違いないと思う。

管理人TomTomは4WD車やクロスオーバー車も大好きだ。
特にこうしたコンパクトな4WD車は日本では大変使いやすくどこへでも入っていける。
もちろん街中でもこのサイズは使いやすいサイズだし車高が高いので見晴らしも良い。

こうした新型イグニスがリーズナブルな価格で出てくることを期待しよう。
管理人TomTomにとってもツーリング用の車として大変気になる車なのだ。

近頃スズキから目が離せない。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。