CATEGORY

車のマンマシンインターフェース

車のドライビングに必要な各種の操作について集めてあります。管理人は基本的に車の操作はブラインドタッチが出来ないといけないと考えています。最近はタッチパネルでの操作も増えてきましたがまだ問題がありそうです。

  • 2017/12/19

ワンペダル操作と言ってもイロイロある アクセルを離して減速する操作にはちょっと疑問あり

最近、日産が力を入れて売り出しているのがアクセルペダルを離してブレーキを掛けるタイプのワンペダル(日産ではe-Pedal)の操作性だ。 管理人はこの操作性には以前から疑問を持っている。 この操作方法に慣れてしまうとパニックブレーキを掛けることができなくなるからだ。 積極的にブレーキペダルを踏むという行為を忘れてしまうのではないかと思う。 ただ救いは現在のところユーザがワンペダルなのか?従来通りの操 […]

  • 2015/11/19
  • 2015/11/19

BMW新型7シリーズはどこが凄いのか? 調べてみた

BMWの新型7シリーズは2015年フランクフルトモーターショーで発表されたばかりだ。 その新型7シリーズは日本では2015年10月29日より発売開始となった。 これは非常に素早い展開でこんな早いのは聞いた事が無い。 それだけ日本のマーケットに期待しているという事だろうと思う。 改めてBMW新型7シリーズを見てみた。 ↑ 新型7シリーズのリア画像、新型7シリーズのリア部分は非常にあっさりした印象でア […]

  • 2015/08/24
  • 2015/09/07

アウディ新型TTに見る先進的なマンマシンインターフェースが素晴らしい

2014年1月に開催されたCESにおいてアウディーから車内のマンマシンインターフェースについての展示があった。その際に発表されたメーターパネルやエアコンコントロールがそのまんま新型TTに採用されているのにはビックリした。 アウディ新型TTはスッキリフェースに 全体的な外観デザインはスッキリ方向でアクの抜けた外観となっている。TTは最初は丸いラインが特徴だったが代を重ねるごとにシャープなラインに変化 […]

  • 2015/04/10
  • 2015/06/17

MINIからメガネをかけるタイプのAR技術が登場「MINI Augmented Vision」

自動車をドライビングしている際に車の死角を補うデバイスは各自動車メーカーが研究し製品化している。つい昨年末にもジャガーランドローバーが「360 Virtual Urban Windscreen」という仮想の運転補助システムを発表したところだ。今回はMINIからメガネを掛けるタイプのデバイス「MINI Augmented Vision」が発表になっている。 ジャガーランドローバーはメガネ不要でAR […]

  • 2015/03/19
  • 2015/06/15

車載ITプラットフォームの統合化が粛々と進行中

現代において車載機器は車内におけるマンマシンインターフェースの非常に重要な位置を占め、かつ自動車メーカーにとっても将来を左右する可能性のあるモノなのだ。またITサービスを提供するベンダーから見ても非常に大きなマーケットとなる可能性を秘めている。 車内ITと車載機器とスマートデバイス もう最近ではスマートフォンと車載機器が連動するのは当たり前になってきた。実際の利用シーンではハンズフリーテレホンだっ […]

  • 2014/10/28
  • 2015/06/27

トヨタの「T-Connect」アプリの状況は好調?低調?

シーテック2014の際にトヨタのナビである「T-Connect」のアプリ開発企業数の発表があった。 ご存知のように「T-Connect」は独自のアプリをインストールして動かすことができる機能を持っている。いわばナビがスマートフォン化したような感じなのだ。 「T-Connect」はどれほどのマーケットになるのだろう トヨタの発表によると200社から申し込みがあり、現在では17種のアプリがリリースされ […]

  • 2014/03/25
  • 2015/06/15

アップルの「iOS in the Car」→「CarPlay」

アップルがジュネーブショーで発表した「CarPlay」は以前「iOS in the Car」として発表されたものだが、デバイスメーカーの自動車メーカーに対する一つの布石になっている。 車内ITをめぐる覇権争い アップルはiOSでもって自動車内のマンマシンインターフェイスを押さえようとしている。過去にこうした汎用OSと車との関係は何度かあった。記憶に新しいのはWindowsCEのファミリーだ。現状は […]

  • 2014/03/13
  • 2015/06/15

自動車メーカーもスマホアプリを作る時代

ホンダが超小型EVの車載デバイスのためにソフトを作った。 自動車メーカーがアプリを作る時代 アンドロイド端末を使用してその車に必要な情報や操作をドライバーが行うために専用のソフトをメーカーが作ったということだ。車というのはよく考えてみると直接車を操作する言わば業務系とドライバーに必要な情報を提供する情報系があると思う。特にインパネはそう言ったマンマシンインターフェイスの塊である。そこを巡って主導権 […]

  • 2014/01/28
  • 2015/06/15

自動車メーカーとCES

CESと言えば「Consumer Electronics Show」である。 これは世界的な家電の祭典で毎年新しい家電が発表になる。例えば新型のテレビ等だ。ここに近年自動車メーカーもブースを連ねることが多くなっている。 車内の家電化が進んでいるのだ 自動車の装備品は通信手段としてWiFiが入ったり、スマートフォンと連携したりしていわば家電化が進んできている。こういった動きを受けての現象だ。 その動 […]

  • 2014/01/14
  • 2015/06/15

AUDIのCESでのマンマシンインターフェースのアプローチ

ラスベガスで開催された「Consumer Electronics Show(CES)」にAUDIから様々なスタディーが展示されたようだ。 車の中の操作はブラインドタッチが基本 その中でもインパネに関するスタディーモデルがあるので紹介しよう。 個人的には車も電子化が大変進んできているが、メカや制御部分は非常に高度なブラックボックス化が進み人間がそれを操作するのが追いついていないと思うのだ。 これから […]