最近何かと熱いクロスオーバーその10、フォード新型「EcoSport」

    2015/06/27

フォードの世界戦略車である「EcoSport」がインドで生産開始となったようだ。

広告

フォードの「EcoSport」は世界戦略車

「EcoSport」は2012年4月の北京ショーで量産モデルが披露され世界各国で販売が計画されているモデルだ。
クロスオーバーというよりもスモールSUVといった風情だが、最低地上高がきちんと確保されていたり意外と真面目な作り込みがされている印象。
ただ気になるのは駆動方式がどこにも記述が無いのだが、たぶんFFなのだろうと思う。
フォード新型「EcoSport」の横からの画像
↑ フォード新型「EcoSport」の横からの画像、見るからにコンパクトな印象を受ける、少しデフォルメ気味のデザインのような気もするがこういったタイプでは洗練されているのではないだろうか、画像はネット上から拝借

「EcoSport」のバリエーションは10種

エンジンは1.0Lのエコブースト、1.5Lガソリン、1.5Lディーゼルのラインアップ。
グレードはトリムレベルとエンジン、それにミッションにより10種ある。
そのミッションはMTとパワーシフトと呼ばれる6速ツインクラッチの2種となっている。
不思議なのはエコブーストエンジンにMTしか設定が無いことだ。一番売れ筋の車種となるだろうと思われるのだが。
フォード新型「EcoSport」のリアゲートを開けた画像
↑ フォード新型「EcoSport」のリアゲートを開けた画像、珍しく観音開きのリアゲート、ますますビーゴ/ラッシュと被る、小さいのでスペース的なことは苦しいが一通り押さえていると思う、画像はネット上から拝借

広告

「EcoSport」は日本には来るのか?

サイズ的にはビーゴ/ラッシュ辺りとほぼ同じなので、日本ではモロにかぶってしまうと思う。
だが今のところツインクラッチやエコブースト等でアドバンテージがあるのではないだろうか。
フォード新型「EcoSport」
↑ フォード新型「EcoSport」、正面から見るとグリルの開口部が大げさだ、大口開けて笑っているようだが意外と飽きが来なくて良いかもしれない、個人的にベストな組み合わせはエコブースト+6DCT+4WDモデルなのだが現在はラインアップに無い、画像はネット上から拝借

フォード新型「EcoSport」のスペック

現在判明しているスペックは次の通り。

「Ford EcoSport 1.0L Petrol Ecoboost Titanium」スペック

エンジン:999cc3気筒ガソリンターボ
最大出力:125馬力/6,000回転
最大トルク:170Nm/1,400-4,500回転
サイズ:全長3,999mm×全幅1,765mm×全高1,708mm
ホイールベース:2,520mm
最低地上高:200mm
最小回転半径:5.3m
燃料タンク容量:52L
サスペンション:前-ストラット、後-半独立ツイストビーム
ブレーキ:前-ベンチレーテッドディスク、後-ドラム
タイヤ:205/60R16

広告

残念ながらチープな内装

 フォード新型「EcoSport」のインパネ
↑ フォード新型「EcoSport」のインパネ、ハッキリ言ってチープ感が満載である、光物が邪魔な印象、視界は良さそうだ、センター上部にあるディスプレーがやけに小さい、どこの国向けの仕様なのか不明だが右ハンドルだ、画像はネット上から拝借

個人的は大変興味のある車だ。今後の動向を追ってみたい。

今日はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。