VWのEA189エンジン排ガス不正問題に思う:その7、なんと映画化のお話があるっ!

    2017/10/30

映画化なんて非常にアメリカ的なお話ではないか!
今回のVWのEA189エンジン排ガス不正問題を映画化しようとする動きがあるらしいとロイターが報じている
俳優レオナルド・ディカプリオさんの映画制作会社がVWのEA189エンジン排ガス不正問題の未出版本の映画化権を獲得したという事だ。
VWロゴ

広告

アメリカのビジネスはスピード感がある

実際まだ何も解明されていない段階で誰が書くのか良く分からない暴露本の映画化権を買い取ったという事だ。
先走りも甚だしいがこれがアメリカのビジネスのスピード感だという事だろう。
ある意味素晴らしい。

VW側の対応は遅々として進んでいないように見える

VW側のいくつかの動きはあるようだがユーザーにとってはあまり進展が無いように見える。
問題が世界中を巻き込むだけに慎重になるのはやむ負えないだろう。

リコール対策は2016年1月より開始するとの発表はあったが具体的な内容は不明だ。
何らかの具体的な動きを早く見せてほしいものだ。

広告

VWは来季のモータースポーツからも撤退か

現在VWグループが参加しているモータースポーツは数多い。
有名なところではWRCやWECなどだろう。
ブランドとしてはVW、AUDI、PORCHEを含みモータースポーツから撤退するだろうとの予測が出ている。

これから発生するだろうと思われる制裁金や訴訟費用等の事を考えれば妥当な選択だと思う。
モータースポーツ界も少し寂しくなる。

ヨーロッパの他の自動車メーカーへの影響

VWのEA189エンジン排ガス不正問題の余波でヨーロッパではディーゼルエンジンに関するあらゆることが見直される可能性がある。

ヨーロッパの他の自動車メーカーはディーゼルエンジンに代わる有力なパワートレインを持たないメーカーがある。
ディーゼルエンジン問題がこじれると他のパワートレインでもって排ガス規制や燃費の総量規制を乗り切る必要がある。
その際に一番有力なのがハイブリッドなのだが、これを持たないメーカーはその開発のために莫大な資金が必要になるだろうとの観測がある。

ひょっとしたらヨーロッパの自動車メーカー、いや世界中の自動車メーカーを巻き込んだ再編成の引き金になるかもしれない。

広告

VWのEA189エンジン排ガス不正問題シリーズ記事

VW排ガス不正」というカテゴリーを作ったので見て下さい。

 

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。