フォード新型エコスポーツ発売開始決定、小さなクロスオーバーただし4WD無し

    2015/05/24

フォードでも一番小さなクロスオーバーであるエコスポーツの日本発売が2014年5月31日になった。

EcoSpots1 EcoSpots2

 

この車、最近にしては珍しく背面スペアタイヤを背負っていてクロカン色が強い。そのくせFFのみの設定で、なんだかとってもエセ4WDなのだ。こういった例はルノーキャプチャーなんかも同じだ。

ベースはフィエスタでサイズは4195×1765×1655mmでまずまず小さい、重量は1270kgとなる。エンジンは1.5L直4で111psのNAエンジンだ。ミッションは6速のDCTを積んでいる。

画像を見ると小さな車なのだが、特にボンネット部分が非常に分厚い。ホイールはそれほど大きくないのでボディーのボリュームと比較して小さく感じる。ここは少しバランスが悪いところだ。リアから見ると完全にクロカン4WDなんだが4WDが無いのが返す返すも残念だ。是非売り出してほしいものだ。

しつこいようだが日本におけるフォードの販売網をもう少し改善してほしいと思う。車自体は良いのに、なにせ販売拠点が少な過ぎる。そろそろVWに飽きた人たちがフォードに目を付ける頃だと思うのだがどうだろう。

今回はこのへんで

では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。