新型デミオのディーゼルは遅れて発売

    2015/06/05

マツダの新型デミオの発売が今から期待を持って待たれるところだ。 情報によるとガソリンエンジンのモデルは予定通り2014年8月発表、9月発売になる見込み。肝心のディーゼルは遅れて2014年の年末までには発売される模様だ。TomTomのところにマツダのセールスマンから営業がかかり始めたので間違いはないだろう。
20140709-075200-28320169.jpg

広告

ディーゼルが目玉、MTもラインアップ

今回のディーゼルの目玉はMTがラインアップされることだろう。
マツダとしてはコンパクトカーのディーゼルMTをどのように料理するのだろうか。一般的に考えればコンパクトカーのMTって主なターゲット層ではない、むしろスポーツユーザーなのだ。
日本の場合ヨーロッパのように普段の足がMTというマーケットではないのは明らかだ。
こうして考えると新型デミオのディーゼルMTはスポーツ仕立てになるのだろうか。これはちょっと楽しみだ。
TomTomとしてはディーゼルにダブルクラッチのミッションを組み合わせて、普段使いもスポーツもこなせる車にして欲しいと思う。
これなら奥様もご主人も喜ぶし、近所にもお買い物カーですよと言い訳も立つのだ。
まぁ言い訳することも無いのだが…。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。