質が上がってきた86のメーカーによるドレスアップ

    2015/06/04

以前から車両メーカーによるドレスアップは行われていたが、製品としてどうかと言われると無難な印象のモノが多かった。

広告

印象に残った86のボディーキット

今回富士で行われたイベントで発表されたモノはかなり個性的だ。
これを作ったのはJ-TACSというトヨタの関係会社で海外向けの特装やオプションパーツの開発販売をしている会社である。
ベースとなる車はサイオンFR-Sで、日本では86だ。当然アメリカでのメーカーオプションとなるようだ。

J-TACSの86ボディーキット

早速見てみよう。
J-TACSの86ボディーキット
↑ J-TACSの86ボディーキット、フロントはVWのシロッコのようだ、かなり大胆ににラインを引き直してオリジナル86の煩雑なグリル周りをシンプルに見せている、画像はネット上から拝借

J-TACSの86ボディーキットその2
↑ J-TACSの86ボディーキット、フロントの処理はいかにもアメリカ人が好きそうなガンダムチックなデザイン、しかし日本でも受けるかもしれない、従来のデザインはワンパターンでつまらないモノが多い、画像はネット上から拝借

J-TACSの86ボディーキット
↑ J-TACSの86ボディーキット、ライトはオリジナルのようだ、色がこういう暗色系なのでこんな感じだが明るい色だとまた印象が変わるだろう、画像はネット上から拝借

J-TACSの86ボディーキット
↑ J-TACSの86ボディーキット、リアはフロントに対して比較的シンプルに仕上がっている、ウイングが無いのも好印象、リアバンパーはフロントとの統一感を上手く出している、画像はネット上から拝借

J-TACSの86ボディーキット内装の画像
↑ J-TACSの86ボディーキット内装の画像、シートは見る限り張り替えられて豪華な印象、ひょっとしたらシートカバーか、画像はネット上から拝借

J-TACSの86ボディーキット室内の様子
↑ J-TACSの86ボディーキット室内の様子、メッキモノを中心に仕上げられているようだ、Aビラーに小さなモニターがありバックミラー映像を写している、オリジナルとあまり違いを感じない、画像はネット上から拝借

広告

メーカー製のボディーキットもすごく良くなった

メーカー系のアフターパーツメーカーもかなり研究した後が伺える。
それに我々が期待するのはルックスは当然だが自社の車にセットした際のフィッティングだ。それに重要なのはトータルなデザインのまとまりなのだ。
そこのところはメーカー系は上手くまとめてきているのではないだろうか?
こうなってくるとサードパーティもうかうかしてられない。

今日はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。