正常進化した日産「370Z NISMO」2015登場

    2015/06/09

日産「370Z NISMO」2015版が登場している。

広告

「370Z NISMO」2015は正常進化

外観と分かっているスペックを見る限り空力を改善し、よりエンジンを強化した正常進化版のようだ。
いずれにしてもこの「370Z NISMO」は北米マーケット向けの車としてGT-Rの次に位置する日産のスポーツカーの代表格であることは間違いない。
前回のニスモマーチは内容がショボかったが、この「370Z NISMO」はそれなりに凝った内容でありエンスーを満足させると思う。
分かっているスペックは次の通り。ちょっと順序がバラバラだがご容赦いただきたい。

19インチ超軽量Raysのアルミホイール
アルカンターラのレカロシート
3.7L V6 350hp(排気系チューニングで18hpアップ)
6MTには例のシンクロレブマッチ付
7ATにはダウンシフトレブマッチング(DRM)&パドル付
NISMO足回り、スプリング、スタビライザー
ビスカスLSD、ファイナル変更

「370Z NISMO」2015の画像

ではさっそく画像を見てみよう。
日産「370Z NISMO」フロント画像
↑ 日産「370Z NISMO」フロント画像、フロントはバンパー下のスポイラーがよりアグレッシブになった、ヘッドライトもキリッとした表情のものになって全体的にシャープな印象だ。画像はネット上から拝借

日産「370Z NISMO」フロント画像その2
↑ 日産「370Z NISMO」フロント画像その2、サイドはドア下のエアロが変わりフロントからリアフェンダーまでのラインが綺麗に出ている、ホイールはいつものRaysだがガンメタになって精悍さが増している、画像はネット上から拝借

日産「370Z NISMO」リア画像
↑ 日産「370Z NISMO」リア画像、リアのバンパー形状も変わり断然カッコ良くなった、タイヤホイールとリアフェンダーの収まりがいい感じだ、テールゲート後端に小さなスポイラーが付く、画像はネット上から拝借

日産「370Z NISMO」インパネ画像
↑ 日産「370Z NISMO」インパネ画像、いつものZの風景だが今となっては少し古臭い印象もある、スイッチ類が多くゴチャゴチャした印象、ダッシュ上の3連メーターがやる気を誘う、画像はネット上から拝借

日産「370Z NISMO」コックピット画像
↑ 日産「370Z NISMO」コックピット画像、大きな車なのにタイトなコックピット、シートはNISMOロゴ入りのレカロ製、ステアリングホイールの赤いマーキングが泣かせる、画像はネット上から拝借

日産「370Z NISMO」エンジンルーム画像
↑ 日産「370Z NISMO」エンジンルーム画像、3.7Lから350hpなのでハイチューンなエンジンではないが時間を掛けて磨き上げたエンジンだ、搭載位置は出来る限り後ろへ持って行こうとしたことが分かる、それ以外はNISMOのタワーバーが目立つくらいのエンジンルーム、画像はネット上から拝借

日産「370Z NISMO」は少しづつ改良されて現在ではかなりの完成度になっていると思われる。なかなか乗れる車ではないので想像の息を出ないのが残念。一度乗ってみたい車だ。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。