スズキ新型イグニスのオフロード仕様を考えてみた

    2016/04/18

管理人はスズキ新型イグニスを大変注目している。
こんなに小さくて軽いコンパクトクロスオーバーは他に無いからだ
特に4WDモデルはちょっとしたツーリングマシンや軽い林道アタックマシンとして最適だと思っている。
そこでまだ実際に発売はされていない新型イグニスのオフロード化を考えてみたのだった。

東京オートサロン2016に出品の新型イグニス ウォーターアクティビティーコンセプト

広告

オフロード化と言えばタイヤでしょ

ジムニーのようなクロカン4WDなら攻め込む先はそれほど制限が無い。
それこそかなりヘビーな林道でも石がゴロゴロしている河原でも場所を選ばない。

これに対して新型イグニスのような4WDではあるがクロスオーバー車ではそこまでは期待できない。
ダートの林道でも比較的道の良いところくらいが関の山だろう。
だがこれだけでも行動範囲は大きく広がると思う。
渓流釣りが好きな方が林道を走るようなときは役に立つ。
また雪の中を行動するにも新型イグニスの4WD機構は簡易的だとはいえ心強い。

新型イグニスのタイヤハウス周りを見てみるとタイヤとフェンダーの隙間にそれほど余裕は無い。
従って車高ノーマルだと純正装着のタイヤよりも大幅に大径のタイヤを装着する事は難しいだろう。

またサスペンションはその機構から言うとそれほど大きく変更する事は出来ないだろう。
せいぜい車高を少し上げることくらいだと思う。
そうなるとメインはやはりダート用のタイヤだろうと思う。
そこで新型イグニス用のダート用タイヤを探してみたのだった。

広告

新型イグニスは特殊なタイヤサイズだ

新型イグニスのタイヤサイズはかなり特殊なサイズとなっている。
MZ/MXグレードが175/60R16、MGグレードが175/65R15というサイズなのだ。
ハッキリ言ってこんなサイズのタイヤは見たことが無いがタイヤメーカーではラインアップされている。
このタイヤは管理人TomTom特製のエクセルで計算すると外径が175/60R16で約616mm、175/65R15で約609mmとなる。
車重が軽い新型イグニスにふさわしい細いタイヤサイズだ。

新型イグニスのノーマルタイヤの外径
このタイヤ今時としてはかなり細いタイヤで管理人TomTom的には軽い車重の車には細いタイヤという考え方に合っている。
加えてダート用タイヤは出来る限りハイトの高いモノが良い。

調べてみると一般的な4WD用タイヤは外径がもっと大きなものしかラインアップが無い。
いつものようにラリータイヤで外径の近いモノを探してみると。

  • ダンロップ 92-R 185/60R15 外径607mm

というタイヤを見つけた。

ダンロップ ディレッツァ 92-R

ノーマル15インチの175/65R15よりも幅が広くなってしまうが外径はほぼ同じだ。
ラリータイヤでも舗装路と硬質ダートまでカバーするタイヤだ。
これなら林道までのアプローチとなる舗装路もカバーできるし比較的良好なダートまでカバーできる。
もっと探せば他にもこのサイズのダートタイヤがあるかもしれない。

 

ホイールはどうする?

新型イグニスの純正ホイールサイズは16インチモデルと15インチモデル共に5J インセット+40 PCD100mm 4穴となっている。
4穴のPCD100mmというサイズは比較的ラインアップが豊富なのでアルミホイール選びには苦労することは無いだろう。

広告

車高はどうする

管理人TomTomは車高をむやみに上げるのは好みではないが20mm程度車高を上げてダートタイヤを入れればとりあえずはオフロードマシンに変身である。
ハスラーでは現在こうしたオフロード車らしく仕上げる改造が非常に流行っている

やっぱりクロスオーバーというかSUVにはオフロードタイヤを履かせて車高を上げるのがそれらしく見えてカッコ良い。
新型イグニスについても発売後に各ショップからこうした改造パーツは沢山出てくるだろうと思う。
こうしてイロイロ比較的気軽に弄れる車というのも楽しいものだ。

新型イグニスについてはもっと調査してみようと思う。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
広告