新型デミオ見てきた、まだ乗ってないけど・・・

    2015/06/05

今日は少し時間ができたので新型デミオの見学に出かけてみた。
実物の新型デミオを見たり触ったりしたのは今回が初めてだが、外観についてはメディアに出ているのとほぼ変わらずイメージ通りという感じだった。

広告

新型デミオのドライビングポジションは

個人的に気になっているのはドライビングポジションなのだ。
これだけは実際に座ってみない事には分からない。オッサン的には独特の体型に対してドライビングポジションを取った時に頭上にどれほど余裕が残されているのかということが大問題だ。
それにステアリングホイール・シート・ペダルの位置関係、そこから見える視界、それに操作系の感触を見てみたかった。
以前乗っていたNCロードスターなんてドライビングシートに座った瞬間、髪の毛が天井に触れていて全く余裕が無くて参った。
新型デミオはお買い物にも使うコンパクトカーなので室内の天地方向が特にシビアなわけではないだろうと思っていた。
これは正解で新型デミオに乗り込んでみてポジションを合わすと、想像通り全くの余裕だった。シートに座ってみたのはXDなのだが、シートの高さ調整が付いていてかなりのストロークがある。オッサン的にはデフォルト一番低い位置にセットするとかなり低く感じるポジションになっている。ここは合格だ。
次にメディアに良く出ているペダル位置なのだが、確かに他のコンパクトカーと比較して足元の右の端っこにアクセルペダルが付いている。なかなかこういったコンパクトカーは他に無いのではないだろうか。
Demo_DrivingPosition
↑ 新型デミオのドライビングシートからの眺め、ますまずの視界だが格別広いというわけでもない、ステアリングホイールはチルトに加えてテレスコピックの調整も可能でコンパクトカーでは珍しい、このおかげでポジションはかなり調整が効くものとなっていて素晴らしい

広告

新型デミオのパドルスイッチ、ディーゼルに必要か?

Demio_Padlle_Front
↑ 新型デミオのステアリングホイールに付いたパドルスイッチ、非常に小さいが役には立つだろう、果たしてディーゼルに必要なのかどうかは試乗してからだ、このグレードXDには標準で付く

Demio_Padle_Back
↑ 新型デミオのステアリングホイールに付いたパドルスイッチの裏側、標準でパドルが付かないグレードは条件はあるがディーラーオプションで付けれる組み合わせがある

Demio_Pedal
↑ 新型デミオのペダル配置、確かに右いっぱいまで使ってレイアウトされている、左足でブレーキペダルを操作する人には遠くなった、左足のフットレストあたりはかなり余裕がある

広告

新型デミオの後席足元は狭い

Demio_ReaShhe
↑ 新型デミオのリアシート足元、ドライビングシートは177cmの旧人類体型TomTomが合わした位置、自分でリアシートに座ると膝の前は拳が入らない、最近の前後に広い軽自動車には完全に負けている、実用上はギリギリではなかろうか

Demio_D_Engin
↑ 新型デミオのディーゼルエンジン画像、エンジンルームはかなりキチキチに詰まっている、ディーゼルだけにバッテリーの大きさが凄い、ガソリンエンジンと比較して20kg重いのでかなりのフロントヘビーになっていると思われる、ガソリン車の方が気持ちの良い運転が出来るだろう

今回はあまり時間も無かったので新型デミオを見るだけであったが、次回は一気にガソリン車とディーゼル車の試乗をしたいと思う。
あまりにフロントヘビーなら少し前のゴルフのように楽しく無いだろう。そういう意味ではガソリン車に期待をしているところだ。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket