トヨタ86軽量バージョンが登場か?!

    2016/03/05

ここのところ国産スポーツカーにスペシャルな派生モデルは非常に少なかった。

広告

86の限定車なのか?

例えばストーリアX4とかEK9 Type-Rレースバージョンだとか、時代は異なるがインプレッサWRX SPEC-Cとかの派生モデルが結構沢山あった。最近ではトヨタのG’zモデルでもカーボンルーフのモデルがあったりする。

広告

スポーツカーをニュルで鍛える

海外メディアのAUTOCARを見ていたら、86の軽量バージョンと思われる車がニュルをテスト走行しているようだ。画像を見る限りではカーボンのボンネット(穴開き)、黒いルーフ(これもカーボンか?)、同じくカーボンと思われるGTウィング、それに空力付加物が施されているように見える。それにホイールは超軽量のレイズのものだと思われる。
カーボンが多用されているように軽量とスポーツ度をアップした仕様だと思われるが詳細は不明なので徐々に明らかになることだろう。まずは画像を見てみよう。
トヨタ86軽量バージョン?フロント画像
↑ トヨタ86軽量バージョン?フロント画像、本格的に走り込んでいるようだ、カーボンと思われるパーツが多用されている、フロントのリップ、ボンネット、ルーフ、それにGTウィングと言ったところ、画像はAUTOCARより拝借

トヨタ86軽量バージョン?サイド画像
↑ トヨタ86軽量バージョン?サイド画像、ホイールはレイズ製を履いているようだ、ロールしているせいか車高は少し低く見えるがそれほど極端にノーマルと変わらないように見える、画像はAUTOCARから拝借

トヨタ86軽量バージョン?リア画像
↑ トヨタ86軽量バージョン?リア画像、タイヤホイールはフロントとリアでサイズが異なるようにも見える、トランクリッドも黒いのでカーボン製か、GTウィングの取り付けステーが本格的だ、このモデルはかなり本物志向なのではないだろうか、画像はAUTOCARより拝借

トヨタ86軽量バージョン?リア画像その2
↑ トヨタ86軽量バージョン?リア画像その2、デフューザー形状は変わりないようだがこれもカーボン製だろうか陰になっていて分かりずらい、トランクリッドの後端にはスポイラーが装備されている、この画像からは良く分かるがかなり本格的に走り込んでいる様子が見て取れる、画像はAUTOCARより拝借

広告

トヨタ86軽量バージョン?の内容は今のところ不明

 エンジンとか駆動系はどのようになっているのだろうか。86の素性を生かすにはエンジンノーマルだとしたら徹底的に軽量化を行うと非常に面白いに違いない。さらにエンジンがメカチューンされて少々出力が上がりレブリミットも変更されていたら非常にマニアックなモデルになるに違いない。
画像を見て分かるようにこの個体は右ハンドルなのだ。UKか日本でも販売を行うことは確実だと思われる。個人的にも興味津々だ。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket