最近何かと熱いクロスオーバーその7、Mercedes-Benz「GLAコンセプト」

    2015/06/27

メルセデスからは「GLAコンセプト」が発表になっている。

広告

AクラスがベースのGLA

このコンセプトカーはAクラスがベースとなっているらしく、メルセデスのAクラスプラットフォーム戦略としては一連の動きだと言える(Aクラス、CLA、そしてGLA)。
ただしボディーサイズは全長4,380mm×全幅1,970mm×全高1,570mmとなっており、Aクラスがベースと思えないほど幅が広い。また全高が低いのは外観とは裏腹に意外な感じがする。
全体的なフォルムは、先日書いたイヴォークのようなクロスオーバークーペと言えるものではなく、まだ煮詰めが足りないのか少々野暮ったい気がするのは私だけだろうか。リア部分が寸詰まりでバランスが悪い印象だ。

「GLAコンセプト」の画像

Mercedes-Benz「GLAコンセプト」のフロント部分
↑ Mercedes-Benz「GLAコンセプト」のフロント部分、前から見ると明らかにメルセデスということは分かるが今までのどのモデルにも無い造形だ、少々安っぽい印象、画像はネット上から拝借

Mercedes-Benz「GLAコンセプト」のサイドからの画像
↑ Mercedes-Benz「GLAコンセプト」のサイドからの画像、リアのオーバーハングが極端に短い、相対的にフロント部分が重たく垂れているような印象、これで全高が1570ミリというのはにわかに信じがたい、全体的にチョロQのような形でおもちゃのよう、画像はネット上から拝借

Mercedes-Benz「GLAコンセプト」の後ろからの画像
↑ Mercedes-Benz「GLAコンセプト」の後ろからの画像、後ろから見るとますますおもちゃ感が強い、リアのオーバーハングが短くて今風のトレンドだが・・・、大口径のタイヤがそう見せてしまうのかもしれない、もう少しデザインは詰めても良いのではないかと思う、それにしてもアグレッシブなタイヤパターンだ、ちなみに255/45 R20のサイズ、画像はネット上から拝借

Mercedes-Benz「GLAコンセプト」のセンターコンソール部分
↑ Mercedes-Benz「GLAコンセプト」のセンターコンソール部分、この画像はインパクトがある、こりゃなんじゃ?という感じのリア用エアコンダクトとセンターコンソール、革の細工も凝っていて造形がかなりアグレッシブで生き物のようだ、画像はネット上から拝借

Mercedes-Benz「GLAコンセプト」のシート
↑ Mercedes-Benz「GLAコンセプト」のシート、これは今までに無かったデザイン、センターコンソールとの関係がすごく新鮮だが好き嫌いの分かれるところだと思う、全体的にアクの強いデザインと色だと思うがコンセプトカーとしては十分インパクトがある、画像はネット上から拝借

広告

「GLAコンセプト」にもAMG仕様が出るのか?

うーん、このラインもAMG仕様が出るのかしら?
クロスオーバー、それにクロスオーバークーペはこれからの車の主流になるのか?
興味は尽きない。

今日はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。