「MiEV Evolution III」がパイクスピークでクラス優勝!

    2015/10/13

過酷なヒルクライムで有名なアメリカのコロラド州で行われていたパイクスピークヒルクライムで三菱「MiEV Evolution III」がクラス優勝と準優勝となった。
20140630-212712-77232527.jpg

広告

再認識、EVって速い!

クラス優勝のタイムは総合優勝のタイムと比較しても2.5秒落ちの立派なものだ。
EVのポテンシャルの高さを証明した形となっている。

パイクスピークの標高は2800メートル!

このパイクスピークは標高2800メートルからスタートしゴールは4300メートルの地点となる。コースの長さは約20kmとなる。
標高が高いという条件と走る距離が短くスプリントであるということがEVには有利に働く。
特にNAの車にはキツイ設定だろうと思う。

広告

競技で車を鍛える

三菱は「アジアクロスカントーラリー2014」にもアウトランダーPHEVをエントリーすると発表したばかりだ。
こうした競技に参加することでEVの過酷な条件の際のノウハウを溜めていくという戦略だ。
これらがこれからの車作りに反映されることになるのだろう。

トヨタはFCVに注力だし、三菱はEVを鍛える、これはますます混沌としてきたが面白くなってきたと思う。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。