日産「リーフ」がまたまたまた値下げで買いやすくなった

    2015/05/24

20140328-223346.jpg

2014年3月28日に日産は「リーフ」の国内販売価格を改定し全てのグレードを値下げした。

値下げ幅は一律25万7000円で自動車の値下げ金額としてはかなり大きい。「リーフ」の値下げは3回目だが、これでより普及に拍車がかかるかもしれない。

一番安いSグレードは287万2800円となっている。環境対策車は俗に言うCEV補助金が出るのだが、車両価格が値下げされるとこの補助金も下がり結局トータルではほぼ同じ金額となってしまう。今回はこれに消費税増税が重なって実質購入価格はその分だけ上がってしまうということになっている。以前であれば一番安いSグレードからオプションを取り去った最安値の構成でCEV補助金と消費税込みの実質価格は220万9350円から226万7200円となり消費税増税分だけ価格上昇となっている。そう考えると今回の消費税増税は痛いと思う。

「リーフ」自体は改良が進み弱点がかなり克服されつつある。自分の運転パターンに「リーフ」のようなEVが合致するなら検討しても良い段階になってきたのではないだろうか。
着実に世の中が変わってきているのを実感できる。

今回はこのへんで

では。

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。