86の兄と弟

    2015/08/03

86には兄弟があるらしい。
これは以前から言われていたことであるがトヨタは86をスポーツカーの中心に据えて、その兄と弟を展開してコンパクト~ちょっと大きなスポーツカーまで展開するということらしい。

広告

86の兄はスープラ?

具体的には86の兄はスープラとなるのだろうか? 近いうちにコンセプトモデルが登場することになると思われるのだがどうなるのだろう。
私の身近にあったスープラは2代目モデルでリトラクタブルライト、友人が購入した2.0Lの直6NA(2.8Lもあった)だった。この車は正確にはセリカXXの2000GTで、北米向けスープラの2代目となる車だ。当時は周りが47トレノやレビンが多かったので随分と大きな車だなと感じていたものだ。しかし高速コーナーでの安定は素晴らしいものがあり感心したものだ。
次期スープラといえばFT-HSコンセプトが以前に発表されていて、この車が次期スープラになるのではないかと言われている。V6の3.5Lというエンジンの予定のようで現在の趨勢から言えば排気量が大きい。

86の弟はなんだ?

86の弟分となると積まれるエンジンとしては1.5Lか1.6Lエンジンでターボが付くかどうかというところになるだろう。
またコスト削減のためにシャーシは既存の車の流用となるのが自然だ。つまり現行の車をベースとして新たなエンジンを積んだモデル、小さい車ではFFしか存在しないので必然的にFFとなるだろう。
86の弟分か
↑ FT-HSコンセプト、純粋なスポーツカーとして見ると理想的なディメンションだ、2シーターと言う所も気合が入っている、次期スープラではないかと言われている、画像はネット上から拝借

広告

86弟分は後輪駆動

でもよくよく考えてみるとFFのスポーツカーは現在でも何かとあるではないか。最近発表されたGARMINヴィッツなどもそのひとつだ。
そう考えるとFFではなくてFRやミッドシップを考えているのだろうか。

今日はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。