自動車メーカーによる市販車のオフロード仕様化 大阪オートメッセ2016

    2016/04/18

今回も大阪オートメッセ2016ネタだが最近面白い傾向がある。
自動車メーカー自らクロスオーバーを中心にオフロード仕様化を図っている事だ。
以前ならこんな事は無かったのだが最近の流行を敏感に取り入れた面白い傾向だと思う。
大阪オートメッセ2016の会場で見つけたものを紹介しよう。

広告

スズキ ハスラー ラフロードスタイル

スズキの展示車は以前紹介したが実車を見ると雰囲気が伝わってくるのでやはり百聞は一見にしかずだ

ハスラーは世間ではすでにオフロード仕様化で盛り上がっている車種なのだ
外観はそれほど大げさではないがかなり手が入ったハスラーだ。
車高を50mm程度アップしマッドタイヤを履く。
タイヤはこのサイズ辺りが限界かもしれない。
これくらいの見てくれの変化なら普段使いにも全く問題無いし林道とかへ行った時には頼りになりそうだ。

大阪オートメッセ2016ハスラー

大阪オートメッセ2016ハスラーその2
↑ スズキ ハスラー ラフロードスタイル、タイヤはMAXXIS BRAVO MT 185R14を履く、ホイールは鉄ホイールだが結構いけてる、車高がかなり上がっている50mmくらいか、タイヤサイズはこれで限界近い、もう少し大きいとフェンダーに当たりそう

広告

ダイハツ キャスト アクティバ オフロード仕様

このキャスト アクティバもかなり手が入っているのが分かる。
リアの下回りを覗いてみると車高アップのためのリアホーシングの横位置調整用の延長ラテラルロッドが見える。
こちらも車高は50mm程度アップしているようだ。

大阪オートメッセ2016ダイハツキャストフロント画像

大阪オートメッセ2016ダイハツキャストタイヤホイール画像

大阪オートメッセ2016ダイハツキャストリア下回り画像

↑ 大阪オートメッセ2016 ダイハツ キャスト アクティバ オフロード仕様の画像、こちらも50mm位車高が上がっていてリアには延長ラテラルロッドが装着されている、タイヤはダンロップのラリータイヤDIREZZA 87R 185/65R15となる

広告

マツダ DJデミオ 15MB Racing Spec.

こちらは個人的にちょっと気になるDJデミオ15MBのラリー仕様車。
ラリー仕様なだけにラリータイヤを履いていて車高がわずかにアップされている。
あまりヘビーにダートを攻めるのでなければこうしたチョイ車高上げラリー仕様で遊ぶのも面白いかもしれない。
管理人TomTom,は若い頃はラリー車で林道ツーリングによく出かけたものだ。

DJデミオ15MBラリー仕様のフロント画像

DJデミオ15MBラリー仕様のタイヤホイール画像

↑ DJデミオ 15MB Racing Spec. ラリー仕様、タイヤはヨコハマ アドバン A053 185/65R15を履く、ホイールは珍しい事にOZ RACINGだ、アンダーガードを付けておればちょっとした林道くらいは問題無いが亀にならないように気を付けなければいけない

広告

スズキ イグニス ウォーターアクティビティーコンセプト

スズキ新型イグニスのウォーターアクティビティーコンセプトはちっとも足回りがオフロード仕様では無い。
参考までに。
ちなみにこのモデルはルーフレールを装備してこうした使い方に合わしてきているのだった。

大阪オートメッセ2016スズキイグニスフロント画像

大阪オートメッセ2016スズキイグニスタイヤホイール画像
↑ 大阪オートメッセ2016スズキイグニスタイヤホイール画像、アウトドア用途のモデルだがタイヤホイールは逆の方向性、REGNO 205/50R17を履く、コレはこれでありだとは思うがイグニスの軽量さをスポイルする方向性だと思う

最近オフロード仕様化が増えてきている面白い傾向だ。
管理人TomTomもこうしたオフロード志向は大好きだ。
ひょっとしたらまた4WDブームというかオフロード仕様化ブームが来るのかもしれない。

広告

番外編:トヨタ Yaris WRC 競技車両

トヨタはラリーの啓蒙活動に大きなペースを裂いていたのが印象的だった。
Yaris WRCマシンはどうやら本物のようだが使用感は無い。
スペアの新車なのだろうか。

それにしても間近で見るWRCマシンのストロークの凄い事!
この状態は普通に路面に置いてある状態でウマに上がっている訳ではないのだ。

大阪オートメッセ2016 Yaris WRC競技車

大阪オートメッセ2016 Yaris WRC競技車 タイヤホイール
↑ ちょっと番外になると思うが大阪オートメッセ2016に展示されていた Yaris WRC競技車のタイヤホイール、いつも思うのだがWRC車両に装着されたミシュランのダートタイヤは剛性が非常に高そうに見える、これはウマに上がった状態ではない、これだけのストロークを持っているという事だ、一度ドライビングしてみたい

広告

番外編:トヨタ アクア 競技車両

前述のようにトヨタは非常にラリーに力を入れていて草の根活動を展開している。
TRDラリーチャレンジに出てるアクアが展示してあったのでしげしげと足回りを見てみた。
親切にも社員の方だろうか実際にTRDラリーチャレンジに参加されている方に解説してもらった。

足回りはアクア用のラリー用足回りなんてないのでワンオフとの事。
ブレーキはパッドのみでギリギリ持つらしい。
ラリー区間を全開で走ってもモーターは大丈夫なんですって。
市販車だからラリーを走るという前提で作られている訳ではないのでこれは凄い事だと思う。

ちなみにこの車のタイヤショルダーがブロック飛びしているのでもう少しキャンバー付けた方が良いかもしれない。

大阪オートメッセ2016 トヨタ アクア ラリー車両のタイヤホイール
↑ TRDラリーチャレンジに出てるアクアのフロントタイヤホイール、タイヤメークはダンロップ DIREZZA 92R 185/60R15

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket