モノタロウのフィルターを車に装着してみた

    2015/06/17

今日はエイプリルフールではあるがリアルな記事である。先日モノタロウから購入したエアーフィルターとエアコンフィルターを装着してみた。

広告

エアフィルターはなかなか良さそうだ

装着する車は発注時の記事の通り2005年式のアイシスである。モノタロウから届いたエアーフィルターを早速車に装着してみた。
エアーフィルターは簡素な包装で箱の中に直接製品が入っている。これは特に問題無い。ディーラーで装着したエアーフィルターを取り外してモノタロウのエアーフィルターを装着した。
エアーフィルターのケースを外すとディーラーで装着してもらったエアフィルターが姿を現す
↑ エアーフィルターのケースを外すとディーラーで装着してもらったエアフィルターが姿を現す、20130504に交換しているのでほぼ2年の利用期間だ

左がディーラーで装着の純正品で右が今回購入したモノタロウのエアーフィルター
↑ 左がディーラーで装着の純正品で右が今回購入したモノタロウのエアーフィルター、当たり前だが外寸は同じ、右上の角に突起があるのも同じ、色は白くキメはより細かいような印象だ

上が純正で下がモノタロウのエアーフィルター断面の比較
↑ 上が純正で下がモノタロウのエアーフィルター断面の比較、純正品よりも角が立っているという印象でカチっとした成型となっている、素人目には材質の違いから吸入抵抗が少し大きいかもと感じるが使ってみないと分からない

モノタロウのエアーフィルターを元通りに装着したところ
↑ モノタロウのエアーフィルターを元通りに装着したところ、当たり前だがキッチリとハマる、少し走ってみて燃費の変化とかフィーリングを見てみるつもり

エアコンフィルターはそれなりか

次いでエアコンフィルターも交換を行った。こちらも前回はディーラーにて交換している。エアコンフィルターはアイシス手の場合、グローブボックスを外してアクセスする。引き出し式になっており爪を外して引き出せば取り外せる。
純正のエアコンフィルターを引き出した状態
↑ 確かこのエアコンフィルターはカテキン入りのモノだったと思うだから緑なのだ、グローブボックス取り外しはコツがあるがそれほど難しくない

エアコンフィルターを取り外して比較してみた
↑ エアコンフィルターを取り外して比較してみた、左がモノタロウ右が純正品、ほぼ大きさは一緒だが天地方向の端っこの補強材が異なる、純正品のほうが襞の数は多い、材質はそれほど変わらないように思えた

エアコンフィルターの断面の比較
↑ エアコンフィルターの断面の比較、上の緑が純正品で下の白いのがモノタロウ、断面はサイズは変わらない、手に持った印象としてはモノタロウは純正品に比較してフニャフニャしている

モノタロウのエアコンフィルターをケースに装着すると天地方向(装着時は前後方向)に少し隙間ができてしまう
↑ モノタロウのエアコンフィルターをケースに装着すると天地方向(装着時は前後方向)に少し隙間ができてしまう、ここらあたりは要改善だ、本来は何か詰め物をしたほうが良いだろうが今回はそのまま装着している

モノタロウのエアコンフィルターを装着してみたところ
↑ モノタロウのエアコンフィルターを装着してみたところ、前後方向に少し隙間ができてしまったがそのまま装着、次に交換する時が少し楽しみだ、このへんはサイズをキッチリ作り込んでもらいたいところである

広告

モノタロウのオリジナルフィルター類の印象

まだ実際に走っていないのでなんともだが装着時の印象を書いておく。
エアーフィルターについては素材や質感それにサイズもバッチリで後は走っての印象がどうなるかだ。
一方エアコンフィルターはサイズが少し小さくて隙間ができてしまうのだ。装着時に何か詰めておくと良いのだがあえてそのままとしておいた。
価格的にはエアーフィルターが689円(税込)、エアコンフィルターが1,133円(税込)でエアコンフィルターのほうが高いのだ。装着した際の印象と価格は逆の結果だ。
しかしこの価格なら純正品の半分以下なので1年毎に換えても十分だ。
使用していく上で問題が無い限りパーツとしては安くて良いと思う。

今回はこのへんで
では

 

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。