日本では未発売のクーペ、サイオン「tC」という車

    2015/07/23

トヨタはアメリカにおいてサイオン(Scion)という若者向けのブランドを展開していることは以前から知ってはいたが、具体的にどのような車種があるのかは知らなかった。
ラインアップの中には日本で言うと86とかdBとかiQとか知っている車もあるが、日本では発売していない車もある。

広告

日本では受けそうにないサイオンtC

tCというモデルがそうで、日本では全く受けそうにない2ドアクーペ形状だ。
「Scion tC」のフロント周り
↑ 「Scion tC」のフロント周り、どうみてもスポーティーな印象は無い、どちらかというと無難なセダンのフロントのようだ、サイドからリアへのラインも直線的で高揚感が感じられない、画像はメーカーサイトより拝借

思うに日本ではいつの頃からか2ドアモデルは全く人気がなくなってしまった。
以前はクーペやハッチバックでも2ドアや3ドアモデルが用意されていて、若者の選択はこれらから選んでいたと思う。
それが現在では全く売れないからラインアップにすら無い状態だ。思い返すと若い頃は実際2ドアのクーペか3ドアのハッチバックに乗っていたのだった。
「Scion tC」のサイド
↑ 「Scion tC」のサイド、Bピラーから前は全くセダンのようだ、またBピラーから後ろは前と統一感が無く固いデザイン、リアのオーバーハングが短くドライバーはホイールベースの中心よりも後方に座るようになる、意外とこのフォルムから想像できるのはドライビング時のバランスが良いのかもしれない、画像はメーカーサイトより拝借

アメリカではクーペが売れる

以前もカムリの事で書いたことがあるがアメリカは大変面白い国だ。
このサイオンtCというクーペが若者を中心に結構売れていて、ある意味独自のマーケットを構成しているようである。
全くの私見を言わせてもらうと、なんとぶっさいくなクーペなんだろうと思った。こんな形の車は全く買おうと思わないというのが本音だ。
日本人はクーペにデザイン性を求めてしまうのかもしれない。

広告

サイオンtCのスペック

そのサイオンtCのスペックは次のようなものだ。

2.5L (2AR – FE) (2494CC)
HORSEPOWER 180 HP @ 6000 RPM
TORQUE 173 LB-FT @ 4100 RPM(アメリカの表記は良く分からん)
VALVE CONFIGURATION DOHC 16-VALVE 4-CYLINDER WITH DUAL VVT-I
6MT / 6AT SEQUENTIAL

アメリカの表記は今だに良く分からないのでここからは普通に書く。
駆動方式はFF
サスペンションはフロントがストラット、リアがダブルウィッシュボーンでこのクラスにしてはなかなか頑張っていると思う。
サイズはなんとかコンパクトカーの部類に入っているかどうかギリギリのところだ。
全長 4,420mm
全幅 1,796mm
全高 1,415mm
ホイールベース 2,700mm

「Scion tC」のリアセクション
↑ 「Scion tC」のリアセクション、この部分だけ見るとスポーティーカーとは全く思えないデザイン、全体的に空力面も有利だとは思えないがこのモデルが商業的に成り立っていることが非常に不思議アメリカは面白い国だ、画像はメーカーサイトより拝借

サイオンtCは弄る事を前提としてる?、一方国内は?

こうして見るとサイオンtCはスペックはまずまずの車であり、弄る対象としては申し分のない車なのかもしれない。
それも200万円以下で手に入るようだ。

しかし国内では国産車に冒険が無く楽しくない。
こうした若者向けのシンプルなクーペやハッチバック、安くて楽しくてそれなりの雰囲気を持った車はどこへ行ってしまったのだろう。
サイオンtCのオプション
↑ 「Scion tC」のオプション類、数は少ないがキモを抑えたラインアップ、ブレーキキャリパーまであるのがなかなかやる、弄る素材としては非常に安価でやりやすい車なのだろう、日本でもこうしたモデルが欲しい86では少し高すぎると思うのだ、画像はメーカーサイトより拝借

今日はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。