「Alpine A110」が走り始めたようだ 意外と硬派なドライビングフィールらしくて高感度アップ

    2017/12/15

管理人は「Alpine Vision」を機会がある度に紹介してきた。
それはデザインが他にはないデザインが素晴らしいのはもちろんだがアルピーヌという名前が復活したことが大きい。
今まで身の回りにアルピーヌが生息していた訳ではないのだが、アルピーヌのクルマたちが少しマニアックな大人のスポーツカーという独特な雰囲気を発散させていたからだ。
前回は「Alpine Vision」の「Première Edition」の予約が開始されたという事を書いた
その「Première Edition」は「Alpine A110 Première Edition」と名称が決定し、そのスペックが発表になっているので見てみよう。
「Alpine A110 Première Edition」のドア内装
renault.com

広告

実車が走り出した「Alpine A110 Première Edition」

「Alpine A110 Première Edition」はすでに実車が出回り始めているようだ。
ただ一般向けのデリバリーではなく試乗車やメディア向けとして用途のようだ。
実際にメディアの中にはすでに試乗記を公開しているところもある。

それによるとすこぶる評判が良い。
管理人TomTomは「Alpine A110 Première Edition」が外観重視の車だと思っていた。
だが試乗記によると、もっともっと硬派なクルマのようなのだ。
これは望外のことではないだろうか。
「Alpine A110 Première Edition」の外観フロント
renault.com

「Alpine A110 Première Edition」の外観を初めてみた時には十分オリジナルのA110のオマージュを感じた。
これまでの印象ではこのオマージュが先に立ち外観重視の懐古趣味な車だと思っていたのだった。
その印象はたぶん内装の凝り具合から来ていると思う。
だがよく考えてみると「Alpine A110 Première Edition」はオリジナルのRRとは異なるミッドシップレイアウトなのだ。
ミッドシップに2シーターとくればスポーツカーとして現在考えられる最高のパッケージングだろう。
「Alpine A110 Première Edition」の外観フロントその2
renault.com

わざわざ他の車とレイアウトを共用することなくミッドシップレイアウトを取るなんてなにか悪巧みがあってのことだ。
それが「Alpine A110 Première Edition」の乗り味につながっているのだと思う。
「Alpine A110 Première Edition」の外観フロントその3
renault.com

「Alpine A110 Première Edition」のスペックを見てみる

現在発表されている「Alpine A110 Première Edition」のスペックは次のようになる。

Alpine A110 Première Edition スペック

エンジン:1.8L 4気筒 16バルブ ターボ ガソリン
最大出力:252ps/6,000rpm
最大トルク:320Nm/2,000rpm
駆動方式:ミッドシップ後輪駆動
ミッション:7速DCT 湿式クラッチ
車両重量:1,103kg(DIN)
サイズ:全長4,180mm/全幅1,798mm/全高1,252mm
ホイールベース:2,420mm
トレッド:前1,556mm、後1,553mm
サスペンション:前後ダブルウィッシュボーン
ブレーキ:前4ピストンキャリパー320mm、後シングルピストンフローティング320mm
CD値0.32
タンク容量:45L
タイヤ・ホイール:前205/40R18、後235/40R18
最高速度:250km/h
0-100km/h加速:4.5秒
燃費(combined NEDC):6.1L/100km(16.39km/L)
「Alpine A110 Première Edition」の外観フロントその4
renault.com

この内容から感じることはボディーサイズは今どきのスポーツカーとしては、かなり小さくまとめられていることだ。
また重量が非常に軽い、ちなみにパワーウェイトレシオは4.38kg/psと抜群ではないが良好な値を叩き出している。
またミッションが7速DCTとなっていてマニュアルが無い。
最後に非常に燃費が良いことだ。

広告

A110のオマージュさがたまらない

「Alpine A110 Première Edition」の内容は外観への期待以上に素晴らしいものかもしれない。
もちろん乗ってみないと分からないことだけど…。

「Alpine A110 Première Edition」の魅力はその素晴らしい外観だろう。
どこが言われれば答えに窮するが、確実にA110の面影がある絶妙なデザインがされている。
リア周りなんてその感が強くて素晴らしい造形だと思う。
「Alpine A110 Première Edition」の外観リア
「Alpine A110 Première Edition」の外観リアその2
renault.com

ただ困ったことに荷物がほとんど積めそうにない。
この点は購入時に十分検討する必要があるだろうと思う。
管理人TomTomが現在乗っているS660は荷物積載ができないために一人ツーリングマシンと化しているのだった。
「Alpine A110 Première Edition」の外観サイド
「Alpine A110 Première Edition」の外観サイドその2
renault.com

「Alpine A110 Première Edition」はディティールも凝ってるところが魅力

「Alpine A110 Première Edition」の素晴らしいところは外観もさることながら、内装についても一貫したデザインコンセプトが貫かれていることだ。
外観が魅力的なことに加えて内装についても、かなり凝ったディティールを持つ。
「Alpine A110 Première Edition」のシート
renault.com

得てして外観が素晴らしいのに内装までそのコンセプトが貫徹されていないクルマが多い。
加えて豪華ではなく、ちょっと気合の入ったスパルタンさが素晴らしい。
「Alpine A110 Première Edition」をよくよく見てみると、当初感じた豪華さではなく機能本位にオマージュがプラスされた適度なスパルタンさなのだろうと思う。
スパルタンだが汗臭くないのが良い。
それに助手席はラリー車のようにフットレスト付きだ。
「Alpine A110 Première Edition」のサイドシルと助手席フットレスト
renault.com

実車を早く見たいと思った。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket